梅雨時の体調不良の理由と対策

梅雨時の体調不良の理由と対策

日本の四季は私たちの生活に彩りを与えてくれますが、日本の季節の中でも“梅雨”だけはイヤだな~と感じる人は多いのではないでしょうか? 

実際、梅雨時の曇り空や長引く雨は気持ちまで重くさせるものですよね。それと同時に梅雨の季節になると頭が痛い・体がだるい・肩や腰が痛い・・・などカラダの不調を感じる人も多いようです。

梅雨時に感じる気分の落ち込みや体調不調はなぜ起こるのでしょうか? またどのような対策をすればいいのでしょうか?

梅雨の体調不良の原因

梅雨の体調不良

梅雨時の体調不良の症状は?

  • 気分の落ち込み
  • うつ状態
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 神経痛
  • 肩こり・腰痛
  • 胃腸障害

代表的な症状をご紹介しましたが、表れかたも症状の度合いも人によっても異なります。また、日頃から不調になりやすい部分に症状が出やすくなります。

梅雨時の体調不良の原因とは?

梅雨時の体調不良の原因

自立神経の乱れ

梅雨時は晴れたり雨が降ったり・・・気候の変化が起こりやすい季節です。それに加えて気圧の変化や気温の大きな変化など、知らないうちにカラダには大きなストレスがかかっています。

すると体内の交感神経と副交感神経のバランスが崩れて自律神経が乱れ、頭痛・肩こり・腰痛・倦怠感・めまいなど様々な不調を引き起こします。

セロトニンの減少

人間は日光を浴びることによって“セロトニン”と呼ばれる脳内物質が体内で合成されます。

セロトニンには神経をコントロールする作用と内臓機能をコントロールする作用があります。ところが梅雨時は曇り空や雨が続き日光を浴びる時間が減少します。

すると体内のセロトニン量が減少して感情面で不安定になりやすくなったり、内臓の機能が低下して胃腸障害を引き起こしたりすることがあります。

湿度の高さ

梅雨時はジメジメして湿度が高くなります。すると本来はスムーズに排出されるはずの水分の代謝が悪くなり、体内に余分な水分が増えて溜まっていきます。

このような状態を漢方では「水毒」というのですが、こうしてカラダの水の流れが滞ると体内の老廃物がうまく回収・排出されなくなりカラダに不調が表れます。むくみや倦怠感、冷え性や胃腸障害、めまいや喘息などを引き起こしやすくなります。

梅雨時の体調不良を予防する方法

入浴と睡眠と美肌

適度な運動

自律神経の乱れやセロトニンの減少を予防する方法のひとつに“適度な運動”が効果的。また、運動をすることで血流が良くなり体内の余分な水分の排出にも役立ちます。

梅雨の合間の晴れ間にはできるだけ外に出てウォーキングや軽いジョギングをしてカラダを動かすようにしましょう。また天気が悪くても家の中でできるストレッチやエクササイズなどで適度な運動をすることを習慣にしましょう。

入浴で汗をかく

梅雨時こそシャワーだけで済ませずゆっくりと湯船に浸かって汗をかくと効果的です。

熱いお湯に短時間浸かるよりも少しぬるめのお湯にゆっくり入るのがポイント。梅雨に冷えやすいカラダを温め血流が良くなって代謝がアップするだけでなくリラックスできて気分もよくなります。

睡眠時間の確保

梅雨時は湿度や気温の変化などで質の良い睡眠を取ることが難しい時期です。ところがカラダに負担がかかりやすい梅雨こそ睡眠が欠かせません。

疲れやすいカラダをしっかりと休めるためにも睡眠環境を整えましょう。梅雨の湿度対策として除湿器やエアコンを活用し、室温を26℃以下・湿度50~60%に保つといいでしょう。

寝具も快適になるように布団乾燥機などを活用するといいですよ。

冷えを予防する

梅雨時は蒸し暑いイメージがありますが、冷えに注意が必要です。

湿度が高くジメジメした梅雨は薄着で過ごすことが多いのですが、湿度が高いと汗をかきやすくなります。するとその汗が蒸発する時に体温が奪われて冷えやすくなるのです。特に通勤途中で汗をかいたまま電車やオフィスのクーラーが効いたところに入ると急速にカラダが冷えてしまいます。

冷え予防として汗をこまめにふくことや、ストールやカーディガンを羽織るようにして冷え予防をしましょう。

栄養バランスの良い食事

酵素、健康な食事

梅雨時は食欲が落ちやすい時期ですが、口当たりのいいものばかりを食べるのではなくできるだけ栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

なかでもむくみやすい梅雨時期に摂りたいのがタンパク質。内臓の機能が低下しやすいこの時期には、消化しやすい鶏肉や魚、大豆製品などから良質なタンパク質を摂るようにします。

また、疲労回復効果があるビタミンB1もおすすめです。玄米や全粒粉パン、レバーやウナギ、豚肉や鮭に多く含まれています。積極的に取り入れましょう。梅雨時期はカラダを冷やす生ものや冷たいものを控え、できるだけ加熱したものを食べることもポイントです。

梅雨時の不調はあらかじめ対策を!

梅雨

いかがでしたか? 今回は梅雨時に感じる気分の落ち込みやカラダの不調の原因と対策方法についてまとめました。

多くの人が感じる梅雨時の不調は、単なる気のせいではなかったのですね? 

変わりやすい気温や天候、気圧などの目に見えない事象が知らないうちにカラダに影響を与えて様々な不調を引き起こしていることが分かりました。ただ、これらの変化を感じやすい人とそうでない人がいるのも事実です。

あらかじめ生活習慣や食事によって“強いカラダ”に整えておくことで、天候から生じる不調を最小限に抑えることができます。今のうちからしっかり体調を整えて梅雨に備えていきたいですね!

  

美人の秘密の最新記事をメールで受信できます

メールアドレスを登録すると、美人の秘密の最新記事が更新された時に通知を受け取ることができます。 登録は無料で、解除もいつでも自由ですので、お気軽にご利用ください。 以下のリンクからメールアドレスを送信するだけでOKです! *なお、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

女性の健康カテゴリの最新記事