目の疲れが老化の原因に?眼疲労を予防する方法

私たちは生きている限り、毎日目を使って何かをみるということをしています。そのため、目を使うことは私たちにとって絶対不可欠だということができます。

人間の五感のなかでも、視覚はとても大切な機能です。しかし、目を使うとその分疲れがたまっていきます。目が疲れてくると、様々な症状が表れます。

今回は、そんな目の疲れに関する症状やその対策、老化との繋がりについて述べていこうと思います。

スポンサーサイト

目の疲れによる主な症状

目の疲れが老化の原因に?眼疲労を予防する方法

目の疲れが原因で起こる病気や症状は、様々なものがあります。例えば、視力の低下や痛みやかゆみ等があります。その他にも、充血や肩こりや頭痛、身体全体の疲労感等があります。

最近では、スマホ老眼という言葉も存在します。これは、20、30代でスマホの画面の見すぎで老眼になっているという症状です。

これらの症状は、パソコンの画面を長時間見ていたり。手先の細かな作業をすることが原因の1つだと言われています。また、度数のあっていない眼鏡やコンタクトレンズをつけていることも原因であると考えられています。

そして、視力が低下することで、常に眼鏡をかける必要が出てきたりします。

眼鏡やコンタクトをつけることで、視力の低下をある程度カバーすることは可能ですが、買うのにも費用がかかるので、あまりよいことだとは言えないです。また、痛みやかゆみ、肩こり等が起こることで、仕事や勉強をする上でも支障が出てきます。

このように、目の疲れによる主な症状は様々な支障をきたします。

目と老化の関係

目の疲れが老化の原因に?眼疲労を予防する方法

目の老化は、40歳くらいから始まると言われています。しかし、症状を自覚するのは老化が始まって5年後くらいと考えられています。

なぜ、年をとっていくと目が衰えていくのかというと、年をとることで物を見るときにピントを合わせる力が弱くなっていくからです。

このピントを合わせる力(調節機能)は、40歳より前から弱くなりだしています。ただ、その衰えをしっかり実感しだすのが40歳を過ぎてからだということです。

老化の防止方法

目の疲れが老化の原因に?眼疲労を予防する方法

目の老化は、どんな人でも防ぐことが出来ません。しかし、老化のスピードを遅くすることは可能です。

その対策として、規則正しい生活リズムで生活をしたり、しっかり食事をすること、長時間目を使う作業をするときは休憩をしっかりとること、ちゃんと度数の合った眼鏡やコンタクトレンズをつけること等があります。

このような対策の中でも、今回は今すぐ自宅でもどこにいても出来る方法を紹介します。

それは、ツボを押してマッサージをすることです。どのようにするかというと、眉間やこめかみに親指や人差し指を当てて押すというものです。とても簡単なことですが、これだけでも血流がよくなったりするという効果があります。

まとめ

目の疲れが老化の原因に?眼疲労を予防する方法

これまで書いてきたように、目の疲れが原因で様々な悪影響が出るということが分かりました。

特に、最近では携帯電話やスマートフォンを多くの人が手にして小さな画面を見る機会が増えているので、昔よりも早く悪化すると考えられます。これは、現代の世界で生活していく上で避けることはできません。

そのため、私たちは少しでも目の老化を防ぐために、様々な対策をとっていくべきだと思います。

現在では、手軽にマッサージを受けたり、自宅でツボ押しなどをすることも出来ます。また、意識をしてスマートフォンやパソコンを使う時間を少なくすることも効果があります。

目の老化を防ぎたければ、少しでも自分で出来ることをしていくことが大切ですね。