スポンサーリンク

腸内環境を整えると美肌効果があるって本当?

最近、健康食品の中でも乳酸菌やオリゴ糖といった、腸の働きをよくするものが人気だそうです。腸内環境を整えると、健康だけでなく美肌にも効果があるというのは聞いたことがありますか?

腸内環境と美肌の関係について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




腸のはたらきについて

6962509679_945373f204
photo credit: Camila Matioli via photopin (license)

ちまたにあふれる健康食品の多くが「腸内環境を整える」「腸を元気にする」とうたっていますよね。しかし、腸というのはそんなに私たちの健康にとって大切なものなのでしょうか。

答えは、Yesです。

私たちが普段食事などで口から取り入れた食品は、まず胃で消化されます。
そして、腸へと運ばれ、そこで身体に必要な栄養素が体内へと吸収されるのです。

栄養素を吸収された食べ物のカスは大腸へと運ばれ、水分を吸収されます。そして、校門近くの直腸へと押し出され、体外へ排出されます。

このように、身体に必要な栄養素を吸収するという、生命活動に大切な役割を担っているのが腸なのです。

さらに、私たちの口からは、雑菌など、身体にとって有害な物質も入ってくることがあります。
それらの外敵をいち早く発見し、ブロックするのも腸の働きなのです。

つまり、腸は「栄養の吸収」「外敵の排除」「排泄」という、私たちの身体にとって、たいへん重要な役割を果たしているのです。

腸内環境の乱れは肌トラブルの原因

8150244296_ef93d7b29b_b
photo credit: Madre e hija via photopin (license)

腸には腸内細菌が住んでいます。腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいます。善玉菌とは、身体にとって良い働きをしてくれる菌のことで、代表的なものにビフィズス菌や乳酸菌があります。

一方悪玉菌は、身体に悪い影響を及ぼす菌で、大腸菌などがこれに当たります。

腸内環境を整えるということは、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことを言います。

腸に悪玉菌が増えた状態では何が起こるのでしょうか。

悪玉菌が優勢になると、腸の中で腐敗や発酵が起こり、便秘になりやすくなります。悪玉菌は、有毒なガスや物質を生成し始めます。これら有毒物質は、腸壁から血液中へと吸収され、全身をめぐることになるのです。そのため、身体の各器官の働きに支障がでてきます。

調子が悪くなるのは身体の器官だけではありません。有害物質のために、お肌に必要な栄養素が届かなくなったり、ニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。さらには、便秘により、身体の代謝機能もおちますので、肌のターンオーバーが下がり、シミやくすみなどの原因にもなります。

つまり、腸内環境が乱れると、健康に害があるばかりでなく、お肌にも悪影響が起こるのです。

腸内環境を整えるための食事

7683013286_6bea11250b
photo credit: HDVGazpacho via photopin (license)

腸内環境は食生活の見直しで、改善することができます。

まずは、栄養バランスのよい食事を規則だたしく取ることです。乳酸菌やオリゴ糖を含む食品や、食物繊維を多く含む食品を積極的に摂るようにします。

肉食中心の食事は、腸内の悪玉菌を増やす傾向があることが分かっています。肉料理は週に2回程度にし、野菜中心の食生活にすることが理想的です。

乳酸菌やオリゴ糖などは毎日継続して取り続けることが必要です。そのためにはサプリメントなどの補助食品を利用すると手軽で続けやすいでしょう。

腸内環境を整えて、身体の中から美肌づくりを心がけたいですね。

カイテキオリゴ通販 『オリゴ糖ドットコム』

乳酸菌とアロエの効果「ケフィアとアロエ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事