好かれる営業マンになる3つのポイント

好かれる営業マンになる3つのポイント

営業マンのみなさんは、飛び込み営業をしたことがあるでしょうか?
今の時代では飛び込み営業をする会社はゼロに近いでしょう。

なぜなら、営業マンへのストレスも大きいですし、お客様にも迷惑がかかり、非効率的だからです。
今ではきちんとアポイントをとって、営業マンにもお客様にも優しい環境ができています。

営業とはなかなか難しい仕事ですが、どこの会社にも契約を勝ち取ることができて、好かれる営業マンは必ず1人は存在します。
同じ営業マンの憧れの的ですよね(^^♪

さて、そんな営業マンにはどうやってなれば良いのでしょうか?
今回は好かれる営業マンになるための3つのポイントをご紹介します。

出会ってすぐに営業をしない

好かれる営業マンになる3つのポイント

まず、営業マンはお客様と出会ってすぐに営業をかけません。
「この度はお時間をいただきありがとうございました。では、早速ご相談いただいた〇〇ですが・・・」とは話始めません。

時間を取ってくれたお礼を言った後は、お客様のオフィスや自宅を観察して、ひと言。
「これはお嬢さんのお写真ですか?かわいらしいお嬢さんですね」

そう言って、まずは相手との距離を縮めるようにしています。
中にはアポイントが1時間だとすると、30分はこの距離を縮める会話をする営業マンもいます。

もしお客様がはやく本題に入ってもらいたい場合は、お客様の方から話始めてくれますよ。
なので慌てることはありません。

目につくところに会社と自分の名前

好かれる営業マンになる3つのポイント

これは会社にも協力をしてもらう必要がありますが、お客様に会社のロゴが入ったボールペンやメモ帳をプレゼントしましょう。
会社の名前だけでなく、自分の名前も印刷されているともっと良いですね。
最高なのは、自分の顔写真まで印刷されているものです!

なぜ顔写真まで載せないといけないかと言うと、お客様に覚えてもらうためです。
目につくところに会社やあなたの名前がありますから、

「生命保険なら〇〇さん」
「そういえばハウスメーカーの〇〇さんがいたね」
と思い出してもらえて、仕事を任せてもらえます。

普通なら名刺を渡して終わりですが、名刺はすぐに名刺入れにしまうか、最悪の場合捨てられてしまいます。
なので、普段から使えるようなボールペンやメモ帳が良いんです。

聞き上手で質問上手

好かれる営業マンになる3つのポイント

好かれる営業マンになりたいなら聞き上手になりなさい、とはよく言われることです。
確かに、お客様のニーズを知るためには聞き役に徹しないといけません。

ですが、お客様が本当に求めていることを知るためには、同時に質問上手じゃないといけません。

質問の内容が会社で決められていることもありますが、それが全てのお客様に合う質問とは限りません。
1つ1つの場面で、適切な質問を、最適なタイミングでしないといけません。

ここで紹介した、好かれる営業マンになるための3つのポイントは、誰でも実践することができます。
好かれる営業マンは才能などではなく、たくさん努力してその地位を手に入れたということですね(^^♪

美人の秘密の最新記事をメールで受信できます

メールアドレスを登録すると、美人の秘密の最新記事が更新された時に通知を受け取ることができます。 登録は無料で、解除もいつでも自由ですので、お気軽にご利用ください。 以下のリンクからメールアドレスを送信するだけでOKです! *なお、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

ライフスタイルカテゴリの最新記事