ファムファタル(femme fatale)とは

ファムファタルはフランス語です。もしかしたら、私が生まれて初めて意識しておぼえたフランス語が、ファムファタル(femme fatal)だったかもしれません。

日本語では、ファムファタルは「運命の女」と訳されます。女性として強烈な魅力を持ち、男性をとりこにして翻弄する女性のことを言います。時には、男性を破滅に追い込みます。

芸術の世界では、男性芸術家を夢中にさせ、作品へのインスピレーションを与える女性のことを指します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ファムファタルとして代表的とされる女性

10897962776_a4c5710f1d_b
photo credit: Vee Aurel via photopin (license)

多くの場合は、悪女として描かれますが、本人は悪女だと言う自覚はなく、意外と純粋に恋愛を繰り返しているようです。

ファムファタルとして代表的だと言われる女性は、カルメンや谷崎潤一郎の小説「痴呆の愛」のナオミが挙げられます。

また、もともとは新約聖書の登場人物で、オスカー・ワイルドの戯曲でさらに広く知られるようになったサロメもファムファタルの代表とされています。

サロメはイエスに洗礼を受けた洗礼者のヨハネに恋をし、拒まれました。へロデ王の前で踊った代償に、ヨハネの首を所望します。その切り落とされた、愛する男の首に口づけをするシーンがセンセーションを引き越したといいます。

ファムファタルの恋愛

15637306479_97ca161d7e
photo credit: Parisa via photopin (license)

どちらかと言うと、結婚という枠の中におさまることを嫌い、自由恋愛主義者と定義されるようですね。結婚しても、2度、3度と、離婚&結婚を繰り返す人が多いようです。

とにかく根っからの恋愛体質の人が多く、男性からも引く手あまたなので、恋愛話に事欠きません。

一度恋に落ちたら、とことんまで恋愛にはまるタイプの女性で、そのために男性を破滅させてしまうのでしょう。

ファムファタルと男性

15487470442_21dd21bf41_b
photo credit: KISS like Miley via photopin (license)

そんな、男性にとっては理想であり、危険であり、ミステリアスなファムファタルですが、
ファムファタルというのは、そもそも男性の幻想から生まれたようなものです。

男性には、誰でも妖艶な女性に翻弄されたいという願望があるのでしょう。

また、ファムファタルというのは必ずしも絶世の美女とは限りません。
つまり、女性ならだれでも、だれかのファムファタルになれるのです。

恋愛と結婚をまじめに考えるあなたへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事