誰でも一度は憧れる、国際恋愛で不安な5つのこと

日本のグローバル化が叫ばれていますが、恋愛に関してもどんどん国際化しているようです。国際恋愛にあこがれる人や、国際恋愛現在進行中の人も多いのではないかと思います。国際恋愛は、あこがれていたものの、いざ始まってみると不安なこともたくさんあります。国際恋愛で感じる不安について考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




1.結婚、将来への不安

国際恋愛の不安、結婚や将来のこと

国際恋愛しているとやはり将来のことは心配です。「結婚」というものに対して抱くイメージや結婚観は、国籍が異なるとまったく違って来たりするものです。

結婚をいそぐ国民性もあれば、正式な結婚を望まない国民性の人もいます。

国際恋愛で、真剣にお付き合いしている場合はやはり日本人なんら、結婚というものが一つの区切りというか、「責任」と考えるフシもありますよね。

そんな時に、妙に結婚を焦られたり、逆に結婚はしないというスタンスをとられたりすると、不安になるものです。

2.経済観念の相違



お互いに近い経済観念の国ならば、あまり問題ではないのですが、相手が発展途上の国の人の場合、お金に対する価値観が大きく隔たります。

ちょっとした買い物をすると、「無駄遣い」のように言われたり、デートのお金も女性が全負担だったり・・・。

もし、結婚して相手国に住むようになったりすると、いったいどんな生活になるんだろうという不安もありますよね。

3.言葉の壁

国際恋愛の不安、言葉の壁

国際恋愛で、どうしても避けて通れないのが、この「言葉の壁」です。

いくら語学に堪能な人でも、ネイティブと同じように流暢に話せるようになるのは至難の業です。言葉の壁は、普段うまく行っている時は何でもないように見えますが、いったん気まずい雰囲気になると、言葉が通じないことがすべて裏目に出たりします。しなくても良い、心配や疑惑を抱いてしまうことにもなりかねません。

4.家族との付き合い

国際恋愛の不安、家族との付き合い

国際恋愛の場合、家族との付き合いはかなり困難になることがあります。ご家族が国際恋愛そのものに反対するケースだってあります。相手の家族との付き合いも、言葉の壁があったり風習の相違などで、誤解が生じたり不愉快な思いをすることもあります。

でも、始めてみれば、意外とすんなり仲良くなれたり、言葉が分からない分、聞きたくないことは耳に入らなくなったりと、いい面もありますので、あまり不安がる必要もないかもしれません。

5.恋愛観の相違

国際恋愛の不安、恋愛観の相違
国籍によっては、恋愛や性交渉にとてもオープンな国民性の人もいます。そのような人とのお付き合いでは、「遊ばれているのでは?」とか「本当にガールフレンドは私だけ?」という不安を感じる人も多いかもしれません。

でも、これはむしろ国民性というよりも、その人の個人の問題でしょう。

真剣にお付き合いしたいのであれば、相手の気持ちを見極めて、そう伝えることが大切です。

あこがれだけでは成立しない国際恋愛

あこがれだけでは成立しない国際恋愛
国際恋愛は、誰でも一度は憧れる恋愛のカタチかもしれません。しかし、実際に始めてみると、あこがれだけでは成立しないことが分かります。国際でも国内でも、真剣に恋愛するなら、きちんと相手と話合い、気持ちを確認することが大切ですね。

国際恋愛となると、遠距離恋愛の確率も高くなります。日本で相手と出会っても、本国に一時帰国する必要ができたり、自分が海外で留学中などに始まった...

テレビや雑誌で話題の【ココナラ】電話占いが1分100円(税抜)〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事