スポンサーリンク

眉毛の描き方で印象顔になる!ナチュラル美眉の作り方

顔を見たときに感じる第一印象の決め手は「目」と「眉毛」って、知っていました?

眉毛の与える印象はそれくらいインパクトがあるんです。きれいな眉毛をかくテクニックを身につけて、印象的な美人顔を作りましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




眉毛にも流行がある

眉毛の描き方で印象顔になる!ナチュラル美眉の作り方

眉毛の描き方にも流行があります。90年代は、細い眉毛は流行でしたが、最近のトレンド眉は「ナチュラルな太眉」です。

「太眉」というと、実は、80年代にもはやりました。でも、最近の太眉は、ナチュラル系です。最新の太眉は、ぼっさりソフトな感じ。太い眉だけど、どうじにやわらかな雰囲気を出すのがトレンドです。

毛抜きとはさみでととのえて美眉になる!

まずは、毛抜きとはさみをつかって、理想的な眉のラインを作りましょう。

眉毛を指でなぞって流れを整えながら、はみ出した毛をカットします。

美しい眉を作るなら、眉頭を目頭の真上に作り、眉山を白目の端に作るようにしましょう。眉全体に対して、眉頭から眉山の長さが3:2になるのが理想です。

眉毛の量が多い人や濃すぎる人は、濃い部分の眉毛を数本抜いて整えます。毛抜きで眉毛を抜くときは、指で毛を逆立てるようにして、ばらばらにしておきます。そして、1本ずつ抜いていきます。

あまり、一箇所に集中して何本も抜くと、間隔が空いてしまいます。眉毛は1本抜くだけでも印象がかわりますので、1本ずつ確認しながら行いましょう。

長すぎる眉毛があったら、はさみでカットします。眉毛用のブラシで毛の流れを整えます。そして、はさみの刃の片方がはにあたるようにして、少しずつカットしていきます。毛にブラシを当てながらカットすると、切りすぎてしまうので注意しましょう。

トレンド眉をかくコツ

眉毛の形が整ったら、アイブロウで眉毛を付け足すように描いていきます。

コツは、最初に眉毛の背骨となるラインを描くことです。片方ずつ描くのではなく、左右同時に描き足していくのが正解。左右交互に描き進めることで、左右対称の眉毛が作りやすくなります。

最新のトレンド眉は「ナチュラル太眉」。太くて濃いけど、なんとなくぼんやりしている感がポイントです。

ぼんやり感を出すためにには、ペンシルタイプのアイブロウとパウダーを両方使いましょう。

ペンシルタイプのアイブロウで、主に眉の背骨部分を描きます。そのあと、眉頭から眉尻に向かって、全体をアイブロウパウダーでアウトラインをぼかしながら太眉にしていきます。

このときのアイブロウパウダーは、やや明るめの色を使うと失敗しにくいです。

トレンド眉で眉毛美人に!

仕上がりがふんわりするように、丁寧に少しずつ描いていくのが失敗しないコツです。ふんわり感のあるナチュラルな眉毛は、太眉でもやわらかさを感じさせます。

眉毛が太眉な分、リップカラーは薄めにして、顔全体のバランスをとることも忘れないでくださいね。

眉毛が薄い人は専用美容液を使うものおすすめ!

マユライズ、眉毛美容液

最近の流行は、ちょっと太めの「太眉」「ナチュラル眉」です。でも、もともと眉毛が薄いという人や、細眉が流行っていたころに眉毛を抜いてしまい、生えてこない…、なんて人も多いのでは?

もともとの眉毛が薄いと、いくらきれいに描いたつもりでも不自然な眉になってしまうものです。アイブロウで描いた眉はあくまで「平面的な眉」。立体的に自然な眉を描くのって難しいんですよね。

そんな人には、眉毛専用の美容液がおすすめです。このタイプのアイテムは、いわゆる育毛に効果が期待できる成分が配合されているので、毎日つけるだけで美眉に近づけてくれるというスグレものなんです。

細い眉や薄い眉毛がコンプレックス、という人は、ぜひチェックしておきましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事