化粧くずれの原因と対策

これから夏に向けて汗ばむ季節ですね。せっかくキレイにお化粧しても、お昼頃になるともう崩れてくる・・・というお悩みはありませんか? 

夏場は特に、日焼け止め下地、さらにファンデーションとメイクを重ねる分、汗をかくと化粧崩れが一層目立ちますよね?

今回はそんな化粧崩れの原因と対策について考えてみましょう。

スポンサーサイト

化粧崩れはなぜ起きる?

老けて見えるのはメイクのせいかも?メイクを改善して、脱“老け顔”!

化粧崩れの原因は、大きく分けると「汗や皮脂による化粧崩れ」と「乾燥やエアコンによる化粧崩れ」の2つのタイプがあります。 自分がどのタイプかを知ることで効果的な化粧崩れ対策をすることができます。

1. 汗と皮脂による化粧崩れ

夏の化粧崩れのほとんどが汗と皮脂によるものです。化粧品には油分が含まれているので、汗をかくと同時に分泌される皮脂に混ざって溶けやすくなり、化粧崩れが生じやすくなります。

さらに汗をかくことでメイクが流れやすくなりドロドロになるのです。

2. 汗による化粧崩れ

夏の化粧崩れの原因といえば、汗が一番かもしれません。汗は99%が水分です。暑い夏になると体温調節のために大量の汗をかくため、皮脂で緩んだメイクを洗い流すような状態になってしまいます。

3. 乾燥による化粧崩れ

冬場の乾燥にはしっかり対策をしていても、夏場はおろそかになっていませんか? 

実際は夏のほうがエアコンの効いたオフィスや室内にいることが多く、冬の外気以上に乾燥していることが多いものです。さらに、夏は汗をかいたり、紫外線のダメージを受けて肌の保水力が落ち、肌が水分不足になるのです。

このように乾燥した肌の上にファンデーションをのせることで、化粧品の肌への吸着力が落ちてしまい、化粧崩れを起こしやすくなります。

化粧崩れ対策とは?

化粧くずれの原因と対策

化粧崩れを防ぐためには、朝のスキンケアから始める必要があります。

1. 洗顔方法を見直す

特に皮脂の分泌が多いTゾーンや小鼻など力を入れて洗顔していませんか? 

このように洗顔しすぎることで肌の潤いに必要な皮脂まで落としてしまい、逆にそれを補おうとして過剰に皮脂の分泌が盛んになり、化粧崩れの原因になります。ですから正しい洗顔方法をもう一度確認しておきましょう。

  1. 洗顔の時は夏でも30℃~35℃のぬるま湯で洗うようにしましょう。
  2. 洗顔料はしっかりと泡立て、ホイップ状にします。
  3. あらかじめ濡らしておいた顔に泡をつけて、泡で顔を包み込むようにします。
  4. 最後に洗顔料のすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します。

このように、メイク前に寝ている間に肌に付着した汚れや余分な皮脂、古い角質を取り除いて表面をきれいに整えることで、お化粧のノリがよくなり崩れにくくなります。

2. しっかりと保湿する

メイク崩れの原因の一つは肌の乾燥です。肌のべたつきと潤いは異なります。

肌の水分量が少ないと乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰分泌され、化粧崩れを起こしやすくなります。ですから洗顔後はしっかりと保湿することが大切です。

化粧水をしみこませたコットンで優しくパッティングするのもいいですし、ハンドプレスで肌に浸透させるのもおすすめです。その後は、夏場でも乳液などで薄い膜を作り、潤いが逃げないようにガードすることも重要です。

3. すぐにメイクをしない

保湿のための乳液やクリームは潤いを保つために必要ですが、つけ過ぎは化粧崩れの原因です。Tゾーンや小鼻などは少なめになじませ、メイク前にべたつく部分をティッシュオフするのがコツです。

また、乳液など保湿したあとすぐにメイクするのはNGです。乳液が肌にしっかり落ち着かないうちにメイクをすると、化粧下地やファンデーションが乳液と混ざって化粧崩れの原因になります。

どんなに忙しくても、保湿後はしばらく時間を置き、肌を落ち着かせるようにしましょう。

4. 厚塗りしない

気になるところを隠そうとファンデーションを重ねることは、化粧崩れの原因になります。

くまやシミなどはコンシーラーかコントロールカラーでカバーし、ファンデーションはできるだけ薄く塗るように心がけましょう。

仕上げにはフェイスパウダーを使用すると、余分な皮脂や汗を吸収してくれるのでおすすめです。

日中に気をつけること

化粧くずれの原因と対策

1. こまめにあぶらとり紙でおさえる

日中にテカリが気になったらあぶらとり紙でおさえるようにして余分な皮脂を取り除くことをおすすめします。

2. 顔汗はこまめにふく

顔の汗がひどい場合や夏場など、なるべくこまめに汗を拭くようにしましょう。

いかがでしたか? 夏になるといっそう気になる化粧崩れ、その対策には朝の保湿対策が重要だということですね。

朝は時間がないから・・・と手抜きをせず、少し早く起きて下地作りを念入りにしていきましょう。そして、日中も崩れ知らずのメイクをキープしたいですね!