スポンサーリンク

乳酸菌摂取はインフルエンザ予防にもなる? 善玉菌と免疫の関係

昔から風邪をひきやすい、毎年インフルエンザにかかってしまう・・・という人はいませんか? 同じ環境にあっても風邪をひきやすい人とそうでない人がいるのは「免疫力」が関係しています。

最近の研究では、ダイエットや便秘解消などに効果があるといわれる「乳酸菌」が、人の免疫と大きく関わっていることが明らかになってきています。

乳酸菌を摂ることで、免疫力をアップさせることはできるのでしょうか?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

免疫とは?

乳酸菌摂取はインフルエンザ予防にもなる? 善玉菌と免疫の関係

カラダの外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの異物や体内で発生するガンなど、カラダにとって害となる物質を駆除したり対抗したりして、病気からカラダを守り健康を保つ「生体防御システム」のことです。

  • 外部から侵入する病原菌からカラダを守り、感染を予防するはたらき
  • 疲労回復や病気に対する抵抗力を強め、健康を維持するはたらき
  • 細胞の新陳代謝を活発にして老化を防ぐはたらき

このように、私たちの体内にあって感染症からカラダを守ってくれる「免疫」ですが、加齢やストレス、栄養バランスが偏った食生活など様々な要因ではたらきが低下してしまうことがあります。


免疫と乳酸菌の関わり

乳酸菌摂取で体臭予防ができるって本当?腸とカラダのニオイの関係

免疫と腸

人間の「生体防御システム」である「免疫」ですが、体内にあるたくさんの「免疫細胞」がカラダに侵入してくる病原菌とたたかって病気から守ってくれます。

これら「免疫細胞」にはいろんな種類があり、それぞれ「外敵を発見する役割」「情報を伝達する役割」「外敵をやっつける役割」など異なるはたらきがあります。その数は体内に何千億個もあるといわれています。すごいですね! 

これら「免疫細胞」は体内のいたるところに存在しているのですが、最も多く存在しているのが「腸」で、全体の60~70%だといわれています。

人が食べた物は最終的に腸にたどりつき様々な栄養素が吸収されることになっていますが、同時にウイルスや細菌などに侵入されるリスクが高くなってしまいます。そこで、腸から外敵に侵入されてしまわないために多くの免疫細胞が腸に集中しているのです。

ですから、腸内環境と免疫力には、密接なつながりがあるということが分かりますね。

腸内環境と乳酸菌

人の小腸の内壁は「絨毛(じゅうもう)」と呼ばれる突起で覆われていて、絨毛と絨毛の隙間には「パイエル板」という器官があります。

腸内にウイルスや細菌などの異物が侵入してくると「パイエル板」が異物の情報を集めて分析し、「T細胞」、「B細胞」といった免疫の戦闘部隊に異物を攻撃・排除するよう命令を出して、カラダを異物から防御してくれます。

このように、免疫の重要な働きを果たしてくれる「パイエル板」ですが、加齢やストレス、バランスの悪い食事などが原因で腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えすぎて腸内環境が悪化してしまうと本来の機能を十分に果たすことができなくなり、免疫力が低下してしまいます。

逆に腸内の善玉菌が優勢になると、「パイエル板」は活性化されウイルスや細菌への抵抗力が高まるのです。ですから、パイエル板が活発に働けるように腸内の善玉菌を増やすことが欠かせないというわけです。


善玉菌を増やそう

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌がたくさん含まれている食品を毎日摂取することは、善玉菌を増やす手軽な方法です。

例えば、朝食やデザートなどに、ビフィズス菌が多く含まれるヨーグルトや乳酸飲料を毎日食べるのはおすすめです。また、乳酸菌は乳製品だけでなく、漬物や味噌、納豆などの発酵食品にも多く含まれています。

毎日ヨーグルトを食べるのは難しい人でも、和食に使用される乳酸菌豊富な食材を積極的に取り入れてみましょう。

善玉菌は、継続的に毎日摂り続けることが大切です。乳酸菌にあわせて、腸内で善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」や「食物繊維」を一緒に摂ることも忘れないようにしましょう。

https://bijin.click/nyusankin/supplement-choice

乳酸菌で免疫力アップ!インフルエンザ予防を

乳酸菌摂取はインフルエンザ予防にもなる? 善玉菌と免疫の関係

免疫が腸内環境に大きくかかわっていることから、腸内環境を整えるのに欠かせない乳酸菌が「免疫力」をアップさせることが分かりました。

日頃から積極的に乳酸菌を摂取して免疫を高めておけば、風邪やインフルエンザのウイルスに抵抗するチカラも強くなるはずです。

一度にたくさん食べればいい、というものではなく継続的に摂り続けることを心がけ、病気に負けないカラダ作りをしていきたいですね!