スポンサーリンク

便秘解消のためにできる7つのことー生活習慣から始める腸活

毎朝スッキリしない、便秘症に悩むのは女性に多いといわれています。便秘も数日続くと、早く何とかスッキリしたいと思いますよね。便秘解消のためにできることをピックアップしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.朝起き抜けにコップ1杯の水を飲む

便秘解消のためにできる7つのことー生活習慣から始める腸活

朝起き抜けにコップ1杯の水を飲むことは、胃腸を適度に刺激し、便意をもよおしやすくなります。このときの水は、できれば、常温かぬるま湯がおすすめです。冷たい水は、胃腸を冷やしてしまうからです。

また、寝ている間には、大量の汗をかいていますので、水分補給を行うこともできます。便をスムーズに直腸に運ぶためにも、水分補給は必要となります。

2.食物繊維を摂取する

便の材料である食物繊維が不足すると便秘になることがあります。特にダイエット中の女性には、食事制限によって、便の材料不足になりやすいです。便秘が気になるようになったら、意識して食物繊維を摂るようにしてください。

3.朝トイレの時間をつくる

朝は出勤の支度で忙しくて、ゆっくりトイレの時間をとれないという人も多いのではないでしょうか。朝時間がないと、たとえ便意を感じても我慢してしまうことがあります。しかし、便意を我慢することが習慣になってしまうと、頑固な便秘を招くことがあります。

無理やりにでも、朝トイレでゆっくりすごす時間を作ってみましょう。最初は便意を感じなくても、そのうち慣れてくれば、その時間に便意を感じやすくなります。

4.お腹をマッサージする

乳酸菌摂取で体臭予防ができるって本当?腸とカラダのニオイの関係

便意を促すために、お腹をマッサージすることも効果的です。下腹付近を「の」の字を書くように、手のひらでゆっくりとマッサージします。自分のおなかを温めるようなイメージです。

繰り返すうちに、マッサージで便秘を感じるようになると思いますので、しばらく続けてみると良いでしょう。

5.乳酸菌を利用する

乳酸菌が腸の働きを良くすることは、良く知られています。乳酸菌を利用することで、便秘を解消することも可能です。乳酸菌が含まれている食品には、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や発酵食品があります。

そのほかにも、乳酸菌入りのサプリメントやドリンクなどを利用するものお手軽です。

6.正しいトイレの座り方

トイレの座り方にもコツがあります。最近は、洋式トイレの家庭が増えていますが、洋式でも上半身を少し前に倒して座るだけで、便が出やすくなります。リキむとかえって出にくくなる人もいますので、リラックスして座ることも大切です。

7.ストレスをためない

長年の慢性便秘を解消!腸活はすごいー美肌、健康、ダイエット効果も

便秘の原因の一つに、ストレス性のものがあります。過度の緊張やストレスを感じると便秘や下痢などの腸の不調を繰り返す場合、ストレス性の便秘になっている可能性があります。

毎日の生活の中で、ストレスをためないような生活様式や、緊張を和らげるコツをつかんでおくとよいでしょう。