好き嫌いの多い子供の便秘を治すのにおすすめな方法

子供の好き嫌いには、毎日どんな料理を出せばいいのか悩んでしまいますよね。

特に、便秘気味の子供の場合、食生活を改善したくても、思うように食べてくれないと頭を抱えてしまいます。

そこで今回は、好き嫌いの多い子供の便秘を治すためにおすすめな方法について調べてみました。

スポンサーリンク




食べられる食材を工夫して使おう!

子供の便秘

子供の舌は大人よりもとっても敏感で、少しの青臭さや苦みも受け付けてくれない子供もいます。

でも、便秘解消のためには野菜に含まれる食物繊維はとても重要です。

ママがどんなに考えて出した料理も、一口も食べてくれないと悲しくなってしまいますよね。

でもそんなときは無理せずに、子供が食べられる食材を使って、無理のない範囲で便秘対策を行っていきましょう。

そして、徐々に子供も楽しく食べられるものが増えるように、工夫をしていきましょう。

1.サツマイモ

甘さが際立つサツマイモを使って、簡単なおやつを作ってみてはいかがでしょうか?

つぶして丸めてお砂糖ときな粉をまぶして食べれば、お団子の出来上がりです。

サツマイモをごはんと混ぜて食べても見た目もきれいでおいしいですよ。

2.果物を食べる

野菜が苦手な子供には、果物から試してみるのもおすすめです。

例えばバナナには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく配合されています。

朝ヨーグルトをかけてデザート代わりに出してあげるだけで、食物繊維を補うことができますよ。

他にも、リンゴやイチゴなどの果物もおすすめなので、季節のフルーツを積極的に取り入れましょう。

3.納豆

意外と好きという声が多い納豆も、食物繊維が多く、さらに腸内環境改善に効果的です。

是非、朝食に試してみてください。

4.寒天

実は海藻でもある寒天は、見た目はゼリーのようになっていて、好き嫌いの多い子供でも食べやすい食材です。

甘く味付けして、子供が好きなトッピングをしてあげてくださいね。

青汁・スムージーで簡単に便秘対策

青汁で便秘対策

野菜嫌いの子供でも、青汁やスムージーは意外と好評です。

最近は青臭さが一切なく、甘いジュースのような青汁やスムージーも販売されています。

自宅のミキサーを使わず、水で溶かすだけでさっと作ることもでき、添加物も入っていない安全なものもたくさん販売されています。

便秘対策だけでなく、栄養バランスを整えることもできるのでぜひ家族で楽しんでください。

オリゴ糖で体に優しく便秘対策

オリゴ糖で便秘対策

オリゴ糖は、腸に届き善玉菌の餌となり、その数を増やして腸内環境を整えていきます。

便秘薬と違い痛みもなく天然の成分で作られているので、毎日使用しても安心です。

効果も出やすいと評判で、便を柔らかくして無理なくスムーズな排便を促してくれます。

普段の食事や飲み物に混ぜることができ、さらに体質や調子によって量を調整することも可能です。

ふんわりと甘い風味なので、好き嫌いの多いお子様にも取り入れやすいのがおすすめですよ。

オリゴ糖を子どもに与えても虫歯にならないの?

オリゴ糖を選ぶ前に知っておきたい人工甘味料の危険性

スポンサーリンク