乳酸菌を摂っても便秘が改善しない理由と対策

便秘解消のためにヨーグルトやサプリなどで乳酸菌を積極的に取り入れている方も多いと思いますが、乳酸菌をとってもなかなか便秘が解消しないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

乳酸菌は腸内環境改善に効果的だと話題になっていますが、どうして便秘解消に効果が出ないのでしょう?

今回は、乳酸菌を摂取しても便秘が改善されない理由と対策について調べてみました。

スポンサーリンク




乳酸菌が与える便秘改善への効果とは?

乳酸菌と便秘

腸内は善玉菌と悪玉菌が存在していますが、食生活の悪化や生活主幹の乱れ、ストレスなどによって悪玉菌が増えると腸内環境は悪化してしまい、便秘の原因となってしまいます。

そこに乳酸菌を摂取することで、善玉菌を増やすことができ、腸内環境を整え、無理なくスムーズに便秘を解消していくことができるのです。

どうして乳酸菌を摂取しているのに便秘が解消できないの?

悩む、女性、考える

1.乳酸菌の種類があっていない

乳酸菌は1つではなく、いくつもの種類が存在しています。

そのため、中には便秘解消効果のあるものではなく免疫力を高める効果のあるものやダイエット、美肌効果、リラックス効果のあるものなど様々な効果をもたらしてくれます。

乳酸菌を摂取するときは、きちんと自分に合っているものを選んで摂取していくようにしましょう。

2.乳酸菌の量が足りていない

乳酸菌の量が足りていないことも、原因の一つかもしれません。

自分では十分に摂取しているつもりでも使用量に足りていない場合もあるので、できるだけ乳酸菌が多く含まれているものを選んで摂取していきましょう。

3.体が慣れてしまう

同じ食品ばかり摂取していると、体が慣れてしまうこともあります。

つまり、同じものばかり摂取していると、徐々に効き目を感じにくくなることがあるんです。

4.食生活・生活習慣の乱れ

乳酸菌を摂取していても食生活や生活習慣が乱れていると、効果は確かに感じにくくなります。

乳酸菌をとりながら食物繊維と水分をとり、十分な睡眠をとりながら規則正しい生活を心がけましょう。

乳酸菌を摂取しても効果が出ないときの対処法

便秘薬,オリゴ糖,便秘解消

今効果を実感できないのであれば、使用している乳酸菌を改めることから始めましょう。

例えば、ヨーグルトの種類によっては乳酸菌があまり多く含まれていなかったり、便秘に効果的でない種類の乳酸菌が配合されていることもあります。

乳酸菌が多く含まれているのものとして、発酵食品であるキムチや納豆、甘酒などもおすすめです。

便秘に効果的な乳酸菌は、ビフィズス菌、LB81乳酸菌、ガゼイ菌NY1301株などがあげられます。

これらを効率よく摂取することのできるサプリメントやタブレットも、簡単に豊富な乳酸菌を摂取することができるので、ぜひ試してみてくださいね。

乳酸菌の力を相乗効果で高めるオリゴ糖も一緒に摂取しよう!

オリゴ糖と乳酸菌

乳酸菌の効果をさらに高めたい方は、一緒にオリゴ糖を摂取してみましょう。

オリゴ糖は、腸まで届き、そこで善玉菌の餌となってより効果的に善玉菌を増やすことができます。

だからこそ乳酸菌と一緒に摂取すれば、相乗効果で腸内環境を改善することができ便秘を解消することが可能です。

サプリメントによっては、乳酸菌とオリゴ糖が一緒に配合されているものもありますよ。

便秘解消には便秘薬よりもオリゴ糖摂取をおすすめする理由
オリゴ糖摂取が効かない便秘ってどんなタイプ?

スポンサーリンク