美白効果がビタミンCの6000倍!?アスタキサンチンって何?

最近、美容業界で、美白効果が期待できる成分として注目されているものに、「アスタキサンチン」という成分があります。舌をかみそうな名前ですが、実はこのアスタキサンチンは、私たちの食生活でとても身近なものに含まれています。気になる美白成分、「アスタキサンチン」について、調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




赤色の色素「アスタキサンチン」

赤色の色素「アスタキサンチン」

アスタキサンチンは、自然界に広く分布しています。赤色の色素で、私たちにもなじみが深い、サケやエビ、カニなどに多く含まれています。

赤色の食べ物と言えば、リコピンで有名なトマトや、カロチンがたっぷりのニンジンなどがありますね。これら、リコピンやカロチンも、アスタキサンチンと同じ、「カロテノイド」と分類されます。

これらの赤い色素を持つ、カロテノイドは活性酸素の抑制する「抗酸化作用」があるものとして注目されています。そのなかでも、アスタキサンチンは、特に強力な抗酸化作用をもつとして、美容業界で目立った存在になりつつあるのです。

アスタキサンチンを豊富に含むサケ

アスタキサンチンを豊富に含むサケ

サケは、もともとマスの仲間で、白身の魚です。でもアスタキサンチンを筋肉中に多く含んでいるので、サーモンピンクの色をしています。サケは、産卵のために川をさかのぼることで有名です。

サケは、その運動量が多く、たくさんの酸素を取り込んでエネルギーにかえようとします。そのために体内でたえず活性酸素が発生し、筋肉にとってはダメージをあたえます。その際の活性酸素を排除するために、サケはアスタキサンチンを体に多く含んでいると考えられているのです。

まさに、抗酸化、抗炎症、抗疲労のために利用されているのが「アスタキサンチン」なのです。

活性酸素って何?

活性酸素って何?

そもそも「活性酸素」とは、何でしょうか。

私たちは、体内でエネルギーを作り出す際に、酸素を必要とします。しかし、酸素の一部は体内で代謝されるとき、「活性酸素」という副産物を作りだします。

この活性酸素は、さまざまな物質と反応して、化学変化を起こし、細胞を酸化させ、ダメージを与えることが分かっています。

最近の研究では、がんや生活習慣病、老化や認知症などにも活性酸素が関わっていることが分かってきました。まさに、老化をもたらす成分なのです。

現代生活では活性酸素が過剰生成される

現代生活では活性酸素が過剰生成される

活性酸素は、身体の中でエネルギーを作るときに発生するといいました。けれども、活性酸素が作りだされるのは、それだけではありません。

外から侵入してきた病原菌やウイルスなどの外敵を排除する時にも活性酸素が作られます。また、紫外線や排気ガス、たばこ、食品添加物、ストレスも活性酸素を増やす原因となるのです。現代社会の生活習慣では、非常に活性酸素は作られやすいといえますよね。

体内には、もともと活性酸素を除去するための機能が備わっています。活性酸素を無害なものになる「抗酸化酵素」と呼ばれる酵素が存在しています。しかし、活性酸素が発生する要因が多い現代のライフスタイルでは、この酵素の働きでは、活性酸素の除去に間に合わないのが現実です。

さらに、抗酸化酵素は加齢とともに減少します。年齢を重ねると、老化がすすみ、病気にかかりやすくなるのはこのためなのです。

抗酸化作用のある成分

酸化作用のある成分

活性酸素の力を弱めて、シミやしわなど、お肌の老化を防いでくれるのが「抗酸化物質」です。抗酸化物質としてよく知られているのは、ビタミンEやビタミンC、ポリフェノールなどがあります。

活性酸素にはいくつかの種類があり、どの抗酸化物質がどの活性酸素に有効かは、それぞれ組合せが決まっています。つまり、活性酸素ごとに、効果的な抗酸化物質が異なるのです。ですから、抗酸化物質もバランスよく摂取することが必要です。

スーパーカロテノイド「アスタキサンチン」

スーパーカロテノイド「アスタキサンチン」

アスタキサンチンは、抗酸化物質の中でも抜きんでて、強いパワーをもっていることで注目されています。その優秀さゆえに、「スーパーカロテノイド」とも呼ばれています。

アスタキサンチンは、シミやシワなどのお肌の老化現象の原因となる「一重項酸素」と呼ばれる活性酸素に対して、もっとも効果が高いことが知られています。そのため、化粧品に配合されたりします。

アスタキサンチンは、ビタミンEの約550倍、β‐カロテンの約40倍もの抗酸化効果があります。また、最近、美容界だけでなく、スポーツ界でも注目されている抗酸化成分に「コエンザイムQ10」という物質がありますが、アスタキサンチンのパワーはそのコエンザイムQ10の1,000倍にも及ぶと言われています。

アスタキサンチンを含む食品

アスタキサンチンを豊富に含むサケ

アスタキサンチンを多く含む食品は魚介類です。サケは有名ですが、他にも赤色が濃い魚介類、イクラ、甘エビ、サクラエビ、ザリガニ、ロブスター、イセエビなどです。マダイやキンメダイ、キンキなども、赤い皮をしていますが、皮にはアスタキサンチンが多く含まれています。食べる時には皮ごといただきたいですね。

とはいっても、毎日これらの魚介類を摂取するのは、簡単ではありません。そんな場合には、サプリメントを利用すると、手軽に必要なアスタキサンチンを摂取でき、毎日続けるのも容易になります。

外食が多い人や、魚介類を食べる機会が少ない人は、サプリメントからの摂取を検討してみましょう。

アスタキサンチンを含むサプリメント

オールインワン美白サプリ【マスターホワイト】

アスタキサンチンの美白効果

アスタキサンチンの美白効果

抗酸化作用とともに、アスタキサンチンには、メラニンの生成を抑制する効果が分かっています。そのため、アスタキサンチンには美白効果があるとして注目されています。ビタミンCやコウジ酸と比べてもアスタキサンチンのメラニン生成抑制効果は、非常に高いのです。

食品やサプリメントからアスタキサンチンを摂取する方法も有効ですが、肌に関しては、アスタキサンチン配合の化粧水や美容液を使うことがオススメです。身体の内と外の両方からアスタキサンチンを利用することで、より高い美白効果が期待できます。

アスタキサンチンを含む化粧品おすすめ



美白効果、抗酸化効果が注目されるアスタキサンチンを含む化粧品として、大人気なのが、フジフイルムの「アスタリフト」です。

アスタキサンチンだけでなく、ヒト型セラミドやコラーゲンを配合したエイジングケア用化粧品です。今なら、お得なトライアルキットが、1,000円で購入できますので、ぜひおすすめします。

実際にご自分のお肌で、アスタキサンチンの効果を試してみてはどうでしょうか。
ハリとうるおいに本気になる5日間。アスタリフト トライアルキット1,000円+税