老け顔メイクはもうやめよう!若く見えるメイクとベースケアのコツ

女性はいつまでも若く見られたいものですね。あなたは実年齢より年上に見られてしまうことありませんか?気になる目の下のクマやしわなどを隠そうと必死にメイクを重ねて、逆に厚塗りしすぎの「老け顔メイク」になってしまうことがあります。

そこで今回は「美しいメイクは美しいベース(肌)から」という観点で、若々しく潤いがある健やかなお肌をつくるポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

老け顔になってしまう原因

老け顔メイクにならないためのベースづくり

人は相手の肌の‘ハリ’、‘しわ’、‘色’を見て、「若々しい」とか「老けている」という印象を受けます。また毛穴の開きなども老けて見られる原因です。この‘老け顔’はお肌の状態が悪化して、お肌がダメージを受けやすくなってしまった状態です。人は年齢を重ねるとどうしてもお肌が弱くなり、外部の刺激の影響も受けやすくなるのです。

また、加齢や睡眠不足で新陳代謝が悪くなると、ターンオーバー機能が正常に作用しなくなり、お肌に老廃物が溜まって‘くすみ’が発生してしまいます

間違ったスキンケアしていませんか?

老け顔メイクにならないためのベースづくり

「毎日一生懸命頑張ってお手入れしているのに効果がない」「逆に悪くなっている!?」なんてことはありませんか?

そんな人はもしかすると間違ったスキンケアをしているかもしれません。

1.洗顔

メイクを落とす時クレンジング剤でゴシゴシこすっていませんか?目元や口元などの濃いメイクをしっかり落とそうと強くこするのはNGです。

角質にダメージを与えてしまいます。また、オイリー肌の人にありがちなのが、洗顔に力を入れ過ぎるということです。余分な皮脂を完璧に落としたい、べたつきが気になる・・・といって必要以上に洗顔したり、洗浄力が強いクレンジングを使うことがあるかもしれません。

このような過剰な洗顔は、皮脂だけでなく皮膚の天然保湿成分である「NMF」まで落としてしまいます。その結果、お肌は乾燥し潤いやハリのない’老け顔‘になってしまうのです。

2.パッティング

化粧水をお肌深くまで浸透させようと叩くようにパッティングしていませんか?

肌を強く叩くと角質にダメージを与える危険があります。角質は肌の表面を乾燥や刺激から守っているため、角質がダメージを受けると水分が蒸発しやすくなり乾燥してシミやしわの原因になってしまうのです。

3マッサージ

美肌のためにマッサージを習慣にしている人も多いことでしょう。血行を促進し細胞の働きを活発にしてくれる効果がありますね。

ただ、お肌に強い刺激を与えるようなマッサージは角質を傷つけてしまいます。また自己流マサージなど正しくない方法でマッサージすると、かえってしわを深くしたりお肌が老化する原因になることがあります。

正しいスキンケアをしよう!

老け顔メイクにならないためのベースづくり

毎日のスキンケアは「洗う」・「うるおす」・「守る」の3ステップが基本です。

1.洗う

肌に負担が少ないクレンジングを選びましょう。クリームタイプかミルクタイプのクレンジングがお肌に優しくておすすめです。クレンジングは手で温めてから顔につけると肌に馴染みやすくなり、汚れた油が浮き出てきて余分な摩擦を防ぐことができます。

次に洗顔クリームを手のひらでよく泡を立てて、その泡をクッションにして、肌をこすらないように洗いましょう。乾燥しやすい目元や口元は泡を乗せるだけにします

洗い流すお湯はぬるま湯がベスト。優しく、しっかりと洗い流しましょう。

2.うるおす

ここで重要なのがお肌への水分補給です。保湿をしないとお肌が乾燥した状態になってしまいます。

きちんと洗顔したあとは、化粧水をお肌に水分を行き渡らせしっかりと潤しましょう。化粧水を手のひらにのせて温めてからつけると浸透しやすくなります。または、コットンに化粧水をたっぷり含ませて、優しくパッティングするのもおすすめです。

3.守る

化粧水でたっぷりとお肌を潤した後は、美容液で栄養を与えてから保湿クリームで潤いを閉じ込めます。せっかく化粧水でお肌に潤いを与えたのですから、水分が逃げないようにしっかりと蓋をして閉じ込めてしまいましょう。

4.スペシャルケア

保湿クリームを塗っている時にマッサージするのも効果的です。リンパの流れに沿って優しくマッサージすると、溜まった老廃物や脂肪が排出され、筋肉の緊張もほぐすことができて血行がよくなります。特にお風呂上りなどにおすすめです。

ベースつくりを丁寧に!老け顔メイクにさよなら

老け顔メイクにならないためのベースづくり

「老け顔」を厚塗りメイクで隠すのではなく、正しいスキンケアでお肌本来の力をアップさせることによって、潤いがある若々しい肌を保つことができるのです。ぜひ参考にしてくださいね!

92%が潤いに満足!乾燥・エイジングケアにバラ化粧品