そのニキビは腸内環境の乱れが原因かも!今すぐできるニキビ対策

ニキビができると、気になって一日中気分が暗くなったりします。仕事や勉強にも集中できなくなりますよね。実は、ニキビができるのは、腸内環境が乱れている表れなんです。ということは、腸内環境を整えれば、ニキビはできなくなっるってこと?

スポンサーリンク

腸内環境ってなに?



最近よく、テレビや雑誌で耳にする「腸内環境」ってありますよね。でも、実際「腸内環境」ってどういう意味なのか知っている人は少ないはず。

腸内環境というのは、私たちの腸の中の様子のことです。

腸には、善玉菌と悪玉菌という「腸内細菌」がすんでいます。細菌といっても、善玉菌は身体にとっていい働きをしてくれるもの。

だから、善玉菌がお腹の中で元気なときには、腸の調子もよくなります。ところが、善玉菌が弱くなって悪玉菌が増えてくると、腸の中は、どんどんよくないことが起こるんです。

悪玉菌が増えるとどうなる?

腸の悪玉菌が増えるとにきびの原因に

腸の悪玉菌が増えると、便秘や下痢になりやすくなります。便秘の時にはニキビができやすくなりませんか?

便秘になると、お腹の中にとどまっている便が腐敗して異臭や有毒な物質を作り出します。これはすべて悪玉菌のしわざなんです。

悪玉菌が作る、身体にとってよくない物質やガスは、腸から血液に取り込まれ、全身をぐるぐる回ることになるんです。そして、行き場所がなくなった有毒なものは毛穴から排出しようとします。

このため、毛穴が詰まりやすくなったり、毛穴につまった老廃物に雑菌がついて、ニキビができやすくなるというわけなんですね。

悪玉菌が増えると体臭も・・・!

腸内環境の乱れが体臭の原因に

ちなみに、腸内環境が悪玉菌優位になってしまうと、他にもいろいろな身体の不調が出てきます。

たとえば、血液がどろどろになったり、体臭や口臭が強くなることも・・・!

悪玉菌が増えてしまった腸内環境は、本来の「栄養を吸収して身体に運搬する」という機能を果たせません。そのため、お肌や髪の毛に必要な栄養素がきちんといきわたらなくなります。

つまり、肌荒れがおきたり抜け毛が増えたりすることもあります。

腸内環境を整えるにはどうすればいい?



腸内環境を整えるには、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などを積極的にとるようにしましょう。

睡眠時間をきちんととることやストレスをためないことも大切です。

腸内環境というと、ちょっと難しいと思うかもしれません。そんな人は、とにかく便秘をしないように心がけて見ましょう。

腸内環境が悪いときには便秘になることが多いんです。きちんと毎日お腹がスッキリできている人は、腸内環境はほぼ整っているはずです。

腸の調子をととのえれば、ニキビ予防にもなるし、美肌や美髪にもいいことばかりです。今日から、便秘予防をして腸美人になりましょう!

善玉菌のチカラで毎朝すっきり。→先着1000名様限定♪