素肌美人になりたい人のクレンジング剤の種類と選び方

クレンジングは、毎日のスキンケアの基本です。正しいクレンジングを続けることが素肌美人への近道だということは分かっていても、なかなか自分にあったクレンジング剤を見つけるのは至難の業です。クレンジングには、タイプ別に分けて6種類あります。それぞれの特徴をよくつかんで、正しく使えるようにしましょう。

スポンサーサイト

クレンジング剤の種類と特徴

13fb3648b7bbf8e9e3d0b290beaf3af0_s

ひとくちにクレンジング剤と言っても、いろいろあり、次の6種類のタイプに分かれます。

  • オイル
  • リキッド
  • クリーム
  • ミルク
  • ジェル
  • ローション(ふき取りタイプ)

ほとんどのクレンジング剤は、水分と油分で出来ていて、それらを安定させるための界面活性剤からできています。その配合量により、クレンジング剤のタイプが異なります。

基本的には、油分が多いものほど洗浄力は大きくなります。その反面、お肌への負担も大きくなるのが難点です。油分が多いものから順に並べると、オイル、リキッド、クリーム、ミルクの順になります。

クレンジング剤の選び方

36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a_s

ただし、洗浄力が強いものはその分お肌への負担も大きくなるので、洗う力が強いほうが良いというわけではありません。

かといって、洗浄力が弱すぎるものでは、濃いメイクは落としきれないことがあります。

私たちがメイクをするときは、アイメイクや唇などはメイクが濃くなりますよね。そのようね濃いメイクの部分には、しっかり洗浄力があるポイントメイク用のクレンジングもあります。

クレンジング剤は、適度に洗浄力があり、なおかつ美容成分が含まれているものを選びます。また、ポイントメイク用のクレンジング剤を分けて購入する方が理想的です。

タイプ別クレンジングの特徴

1.オイルタイプ

makeup-64172_1280

クレンジング剤に含まれる油分が多く、洗浄力が一番強いクレンジング剤です。濃いメイク落とすことができます。ポイントメイクも一緒に落とすことができるので、使っている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、油分が多いため、界面活性剤を多く含んでおり、肌への負担も大きいです。

このため、敏感肌や乾燥肌の人には、あまり適さないでしょう。すすぎの時にもしっかりクレンジング剤を落としてしまわないと、ニキビの原因になることもあり、注意が必要です。



2.リキッドタイプ

0f34dd21fff8901e0490c3cd16062eba_s

オイルの次に洗浄力があるタイプです。オイルクレンジングほど、べたべたしないので、使用感がすっきりしています。ただし、オイルほど、メイクとなじまないので、きちんと洗浄しようとして、ゴシゴシこすったりたくなります。お風呂でも使えるのはうれしいところです。

洗浄力は欲しいけど、オイルはべたついて好きじゃない、と言う人にオススメです。

おすすめリキッドクレンジング→アンニテンプス

3.クリーム

cream-194116_1280

肌への負担が少なく、敏感肌や乾燥肌の人に適しています。適度な洗浄力と肌にかかる負担とのバランスが良いタイプです。ただし、アイメイクなどの濃いメイクは落とせません。このタイプのクレンジング剤を使う人は、ポイントメイク用のクレンジング剤を別に用意しましょう。

クリームタイプは、水分が入るときちんと洗えなくなるので入浴中の使用には向いていません。洗い上がりがしっとりしていますので、さっぱり感が好きな人には物足らないかもしれません。

おすすめクリームクレンジング→ドュオ ザ クレンジング バームプレミアアンチエイジング

4.ミルク

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-TSU86_shizukugahakanaku-thumb-1000xauto-12495

乳液状のクレンジング剤で、クリームタイプを少しさらっとした感じです。特徴もクリームタイプと似ています。洗浄力はあまり強くありませんが、肌への負担も軽いです。そのため敏感肌や乾燥肌の人にも向いています。

クリームタイプと同じく、ポイントメイクは専用のクレンジングを使った方が良いです。保湿成分を含んだものもありますので、乾燥が気になる人は成分から選ぶのも良い方法です。

5.ジェル

a5bae3bc5f5afafa34a65ef027efa4db_s

ジェルタイプのクレンジング剤は、オイル系とクリーム系の中間のような使い心地です。お風呂場でも使えますが、あまり水分が入りすぎると洗浄力が落ちます。オイルタイプのべたつきが気になる人はジェルタイプに変えてみると良いかもしれません。

どんな肌質の人にも向いています。ただし、オイル系ほどには洗浄力はありませんので、べたつかない代わりに、化粧の落ちが良くないと感じるかもしれません。

肌への負担は比較的小さいです。保湿力に関しては、商品によって差があるので、いろいろ試した方がよいでしょう。

おすすめジェルクレンジング→どろあわわシリーズ4点セットどろあわわシリーズ4点セット

6.ローション

3995c39bd23347117852ecd104e877fd_s

クレンジングローションをコットンに含ませてふき取るタイプのものです。簡単に使用できるので、とても疲れていてすぐに眠りたいという時には、浮きとりタイプでメイクだけ落としてベッドに行く人もいるでしょう。そのような非常時には、とりあえずメイクだけでも落とせるので便利なクレンジングです。

しかし、コットンでふき取るという行為はお肌に負担をかけますので、毎日のスキンケアには向いていません。特に敏感肌や乾燥肌の人は、お肌を極度に傷めてしまうこともありますので、注意しましょう。

自分の肌に合ったクレンジング剤を

153ddc061888ee0c1797d2ff0848a9ef_s

クレンジング剤の種類は多く、そのメリット、デメリットもさまざまです。自分の肌質に合ったもので、使い心地が好みのものを見つけるのは少し時間がかかるかもしれません。しかし、クレンジングは基本のスキンケアの第一歩です。口コミや評判だけではなく、実際に使ってみて、いろいろ試してみましょう。

そのクレンジング方法、間違ってない?5つのポイント
クレンジングの目的は、皮脂による汚れやメイクを洗い落とすことです。クレンジング剤にはいろいろな種類がありますので、自分の肌質や好みに合わせて...

クレンジングバーム
normal