老化の原因?やってはいけない7つのNGクレンジング

クレンジングは、スキンケアの基本です。メイクや余分な皮脂などの汚れが肌に残っていると、どんなに、保湿ケアを行っても有効成分は角質層に浸透しません。肌を清潔に保つためには、欠かせないクレンジングですが、間違った方法で行うと、逆に肌の老化を早めてしまうこともあります。やってはいけないクレンジングのNGをまとめてみましたので、さっそくチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

1.しっかり落としたいからごしごしこする

5260526514_c93f6a1566photo credit: Jasmine via photopin (license)

お肌にとって、強すぎる刺激は禁物です。メイクや汚れをきちんと落としたいからと言って、ごしごしこすると、お肌にとって大きな負担になります。クレンジングの際には、指の腹や手のひらで優しくマッサージするように洗います。

2.毛穴引き締めのために水で洗っている

3580945313_e5637cdca9_bphoto credit: Water Drops via photopin (license)

冷たい水は、毛穴を引き締める効果があります。しかし、洗顔の時に冷たい水で洗うと、毛穴の中の汚れを落としきれないまま、毛穴を閉じてしまうことになります。そのため、毛穴の奥に詰まっている汚れを取り除くことができません。

クレンジングや洗顔の際には、人肌程度のぬるま湯で洗うようにするのが基本です。毛穴を引き締めるのは、洗顔後の保湿ケアなどがすべて終了してから行いましょう。

3.クレンジング剤は肌に悪いから少量しか使わない

8671785939_1f5b5f77cc_bphoto credit: violet eyes 2 via photopin (license)

クレンジング剤は、メイクの汚れを落とすために、ある程度の油分や界面活性剤を含んでいます。これは、お肌にとっては大きな負担となる成分です。そのため、クレンジング剤はなるべく使わないほうが良いというのは正しい考え方です。しかしだからと言って、できるだけ少量のクレンジング剤で洗顔を行うのはよくありません。

クレンジング剤が少なすぎると、肌にのせたときに伸びが悪くなるので、ついごしごしこすってしまいがちになります。クレンジング剤はケチらずに、決まった量を使用し、強くこすらず、かつ、できるだけ手早く行うようにします。

4.顔のほほから洗い始める

4367221766_c272f98798_bphoto credit: Cleanse Me From My Sin via photopin (license)

クレンジングを手に取った後、広い面積のほほにのせる人は多いと思います。しかし、頬はもっともメイクが薄く、長い時間クレンジング剤をのせておくことで、肌の負担が大きくなるだけになります。

クレンジングを行う時は、皮膚が厚く、皮脂の量も多い、鼻~Tゾーンの部分から洗い始める方が良いでしょう。

5.オイルクレンジングはべたつくから、保湿ケアはやらない

786584004_be4c5d74e0_bphoto credit: beauty ~ only skin deep? via photopin (license)

オイルクレンジングを使用していると、クレンジング後のべたつき感が残るため、保湿ケアを行わないという人がいます。しかし、油分と水分は別です。油分があっても、肌の中の水分量は不足していて乾燥しているということがあります。

ですから、オイルクレンジング後に肌のしっとり感があっても、水分補給はきちんと行うべきです。

6.コットンでふき取るタイプを愛用している

440297058_5a6ddfafa5_ophoto credit: My very first beauty shopping spree via photopin (license)

ローションタイプのクレンジングで、コットン等を使ってメイクを拭き取るクレンジング方法があります。この方法は洗い流す必要もなく、手軽にできるので、愛用している人も多いと思います。しかし、スキンケア的にみると、あまり理想的なクレンジング方法ではありません。

コットンとはいえ、お肌をこすってメイクを落とすことになり、それはお肌にとっては強い刺激になります。疲れて帰宅した時など、今すぐ寝たい、という緊急時にのみ利用する方が、お肌にはやさしいです。

7.メイクをしない日もクレンジングしている

6987063_bab8bdbcf3_bphoto credit: Make Up via photopin (license)

繰り返しになりますが、クレンジング剤は肌にとっては負担になるものです。メイクを行っていない日にクレンジングを行うと、その分肌を不必要に刺激することになります。ノーメイクの日はクレンジングを控えるようにしましょう。

正しいクレンジングで素肌美人になる!

クレンジングはスキンケアの基本です。普段何気なく行っているクレンジングでも、意外とNGがあったりします。間違ったクレンジング方法で、お肌に余計な負担をかけるとシミやシワの原因になります。時々、自分のクレンジング方法をチェックしてみましょう。また、自分の肌質に合ったクレンジング剤を選ぶことも大切です。

潤い透明肌に!どろあわわシリーズ♪