コラーゲンで美肌作り!より効果的な摂取方法とコラーゲン化粧品の選び方注意点

女性、アンチエイジング スキンケア

しっとりプルンとしていて、指で押してもはね返すほどの、誰もが憧れる赤ちゃん肌。昔はピンとしたハリのある肌だったけど、年齢と共に段々・・・といった方も多いのではないでしょうか?

そんなお肌のハリ復活に欠かせないのが、コラーゲンです。

コラーゲンの種類赤ちゃん肌を目指して、上手に摂り入れたい所ですが、一言にコラーゲンといっても色々な種類があるのをご存知でしょうか。

スポンサーリンク

意外と多いコラーゲンの種類

美容成分

人の体には、数多くのコラーゲンが存在しており、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型、と型分けされています。

その中でも、お肌のハリに直結されると言われているのが、人の体内に一番多く存在するⅠ型コラーゲンと、別名ベビーコラーゲンと言われるⅢ型コラーゲンです。

Ⅰ型コラーゲン

Ⅰ型は、人の骨や皮膚に多く含まれており、強靭性・弾力性をもたせるものです。体内に最も多く存在していて、皮膚のコラーゲンの90%を占めているものです。

そのため、一番研究が進められており、サプリメントやコスメなど、色々な用途に多く使われているんですね。

Ⅲ型コラーゲン

一方Ⅲ型は、主に血管や臓器に含まれる線維性のコラーゲンで、大きな役割の一つに、肌の水分を保ち、潤いと弾力を与える性能があります。特に赤ちゃんのうちは、Ⅲ型が多くを占めております。

これが、Ⅲ型がベビーコラーゲンと言われる所以なんです。

 

高分子コラーゲンと低分子コラーゲン

コラーゲン

その他にも、コラーゲンの大きさを意味する、高分子コラーゲン・低分子コラーゲンがあります。

高分子コラーゲンとは、元々の自然な大きさのコラーゲンで、体内に摂り入れても消化・吸収に時間がかかります。

低分子コラーゲンは、コラーゲンの分子を人工的に小さくした状態で、体内に吸収されやすく、また、冷やしても固まりにくいのが特徴を生かし、コラーゲン配合ドリンクや化粧品など、様々な用途に使われます。

一見すると、低分子の方が高分子より優れているようなイメージですが、高分子には、体内でコラーゲンを作り出す細胞を、活性化させる効果があるといわれています。低分子には残念ながらその効果がありません。

そして、吸収に時間がかかる分、体内に留まる時間も長いので、効果も持続します。高分子・低分子ともに、優れた部分があるので、一概にどちらがいいとは言い難いです。

 

コラーゲンを効果的に摂取するタイミング

コラーゲンを効果的に摂取するタイミング

コラーゲンを一番効果的に摂取できると言われているのは、睡眠前です。理由は、人は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーが行われるからです。

ターンオーバーとは、皮膚を断面図にした際、一番上にある表皮層が行う、新陳代謝です。表皮層の、一番下側にあたる基底層で生まれた細胞が、形を変え時間をかけて、一定サイクルで肌の表面に表れ、垢となって剥がれ落ちます。そのサイクルのおかげで、肌は綺麗に保たれています。

この大事なサイクルを行ってくれる成長ホルモンは、眠り始めてから3時間の間に分泌されます。ですから、睡眠前にコラーゲンを摂取することで、睡眠中の成長ホルモンに乗じて、美肌を後押しすることができます。

 

ビタミンCと合わせて摂取するのが効率的

コラーゲンはビタミンCといっしょに摂るのがおすすめ

コラーゲンを摂取するときは、ビタミンCも一緒に摂取すると効果的です。ビタミンCの有名な効果として、色素沈着・シミ・そばかすを予防する効果があります。そしてもう一つ、体内でコラーゲンが合成される際に、ビタミンCを必要とします。

ですから、ビタミンCが欠乏すると、コラーゲンの生成量が減ってしまいます。このため、コラーゲンとビタミンCは、一緒に摂取するのが望ましいとされているのです。

 

どのタイプでの摂り方がおすすめ?

美容オイル

コラーゲンは色々な形で売られており、摂り方も様々で、主にサプリメント・ゼリー・粉末・ドリンク、そして鳥皮やフカヒレ等の食品があります。

サプリメント

まずサプリメントですが、飲みやすくコンパクトなので、外出先でも気軽に飲めるのが特徴です。

しかし、一個あたりのコラーゲン含有量が少ないものも多く、効果が出るまでに時間がかかるものもあります。

ゼリータイプ

ゼリータイプは一包づつ包装されており、持ち運びに便利です。味がおいしいものが多く、デザート感覚で取り入れやすいのも特徴です。

ただしこちらも、一包あたりのコラーゲン含有量が少ないものが多く、効果を感じるには時間がかかるものもあります。

粉末タイプ

粉末タイプは、食べ物や飲み物に混ぜて、摂り入れます。

他のものに比べ料金が安いものが多く、味やニオイがないので、色々な食品に混ぜやすいですが、冷たい物に対してだとやや溶けにくく、粉末なので、うっかりこぼしてしまうと、掃除が大変という面があります。

ドリンクタイプ

ドリンクタイプは、即効性に優れ、一本あたりのコラーゲン含有量も多く、他にも美容成分が含まれております。しかしその分価格はやや高めで、継続が大変です。ビンタイプが多いので場所もとります。

食品

そして食品ですが、こちらは大きく分けて、動物性・海洋性・その他の食材があります。

動物性は、鳥皮・手羽先・軟骨・豚バラ肉等海洋性は、スッポン・フカヒレ・ウナギ・くらげ等その他の食材は、ゼラチン・ゼリー・プリン・杏仁豆腐等です。

毎日の食事に摂り入れるだけで気軽に摂取できますが、他の摂り方よりもカロリーが高くなってしまうのがネックですね。量の摂りすぎには気をつけた方がよさそうです。

どのタイプにも一長一短がありますので、お財布と相談し、無理なく続けられるのがベストですね。

 

コラーゲン化粧品の選び方

コラーゲン化粧品選び方

美肌作りにコラーゲン配合の化粧品がいいことは分かっていても、最近はたくさんの種類がありますので、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

コラーゲン化粧品の選び方、チェックすべきポイントはどんなことがあるでしょうか。

コラーゲンの配合濃度

一般的なコラーゲンは分子量が大きいので、肌の真皮層までは浸透が期待できません。しかし、肌表面の保湿力は十分に発揮できるため、まずは肌内部からのアプローチよりも肌外部からのアプローチ方法を選んでいきましょう。

その際にコラーゲンの配合濃度に注目し、より濃度の高い美容液がより効果的なので、まずはコラーゲン配合率に注目してみます。

コラーゲンが低分子化されているもの

コラーゲンはもともとは分子の大きさが大きく、肌の奥までは浸透しづらいものですが、中には低分子化に成功している商品もあります。

低分子化やナノ化など、より肌の奥まで浸透しやすい状態のコラーゲンを使っているもので、さらに浸透力をあげる成分と組み合わせている化粧水や美容液がおすすめです。

浸透率が高いことに重きを置いている商品は、より効果が高いと言えるでしょう。コラーゲンの本当の効果を実感したい方は、このような浸透率の高いコラーゲン化粧品を選びましょう。

 

コラーゲンの質にも注目

購入しようしている商品が、どんなコラーゲンを使用しているのかも確認しておくといいでしょう。

コラーゲンは動物性と海洋性に分けられます。より安全性が高く、効果も期待できるのは魚由来の海洋性コラーゲンだといわれています。

臭いが少ないのも海洋性コラーゲンの特徴ですので、とくにコラーゲン化粧品を始めて購入するときには、こちらを選ぶ方がおすすめかもしれませんね。

 

体の内側と外側から行うコラーゲンケア

夏のメイク、保湿、化粧下地

一言にコラーゲンといっても、種類や摂り方は豊富で色々試しやすく、自分に合った摂り方を見つけやすいです。

コラーゲンをスキンケアとして活用するなら、外側と内側の両方からアプローチするのがおすすめです。効率よくコラーゲンを摂り入れ、憧れの赤ちゃん肌を手にいれたいですね!

コメント

トップへ戻る