夏なのに肌が乾燥するのはどうして?夏乾燥の原因とは?

夏なのに肌が乾燥するのはどうして?夏乾燥の原因とは?

夏といえば汗や皮脂で肌がべとつき不快な思いをすることも多いですが、実は多くの方が乾燥によるトラブルに悩んでいます。

どうして湿度の高い夏に肌が乾燥してしまうのでしょうか?

今回は夏乾燥の原因について調べてみました。

1.エアコン

美容、コスメ、メイク

強すぎる冷房は乾燥の原因になってしまいます。

屋外と室内の気温の差が激しいことも、肌には刺激が強いといえるでしょう。

気づかぬうちに肌のうるおいが不足して乾燥を引き起こしてしまいます。

2.紫外線ダメージ

夏、紫外線

夏の紫外線ダメージは、肌へ負担も大きいです。

紫外線ダメージはお肌の奥深くまで届くため、活性酸素を発生させシミやくすみの原因、さらにたるみの原因になります。

またその際にバリア機能も低下させ、肌の潤いも不足してしまいます。このため、夏の肌乾燥を招いてしまうのです。

3.食生活の変化

夏、飲み物、デトックス

夏になると、どうしても冷たいものが食べたくなりますよね。

だからといって冷たいジュースやアイスばかり食べていると、消化器官に負担がかかり、便秘や代謝の低下、血行不良の原因になります。

体の中で十分に栄養が行き届かないことも、乾燥の原因の一つです。

また、夏はジュースやお酒などが進みやすい時期で、さらに汗もかくため自分でも気づかないうちに水分不足にもなりやすいです。体が水分不足になれば、もちろん肌も潤いが不足してしまいます。

夏乾燥対策でできること

夏のスキンケア、紫外線

1.紫外線対策はしっかりと

夏の紫外線による乾燥を防ぐために、紫外線対策はしっかりと行っていきましょう。

最近では日焼け止めも様々なタイプがあり、クリームやミルク、ジェルなどの塗るタイプやこまめにつけることのできるパウダータイプ、さらに1度飲むだけで全身のUVケアを行うことがでるサプリメントタイプなどがあります。

少しの外出だからと油断することなく、日焼け止めや帽子、アームカバー、日傘などを使用して紫外線ダメージを防いでいきましょう。

2.エアコンの空調管理を行う

エアコンの温度を下げ過ぎると乾燥の原因になるため、できるだけ冷えすぎないように温度コントロールを行いましょう。

また、エアコンの風が直接お肌に当たらないように風向きを変えることも大切です。オフィスなどでエアコンの調整ができない場合は、ひざ掛けやショールなどを常備しておくとよいでしょう。

エアコンを使用すると部屋の中はどうしても水分が足りなくなってしまいます。そのため、加湿器を使って湿度を上げるのも有効です。

3.保湿効果の高いスキンケアを行う

スキンケアを行う際は、保湿効果を重視して行いましょう。

セラミドやコラーゲン、スクワランなど、保湿効果の高い成分が含まれているものをチョイスして、肌の深いところまで潤いを届けていきましょう。

夏だからといって油断せず、ていねいにスキンケアを行うことが大切です。

夏乾燥を防いで美肌をキープしよう

夏、ライフスタイル

夏は暑いから、汗をかくから、と油断してスキンケアに手を抜いていると、おもわぬ乾燥肌を引き起こしてしまうものです。

夏といっても保湿が大切なことに変わりはありません。また、夏にはイベントも多くなると思いますが、暴飲暴食や不規則な生活習慣を見直すことも、美肌作りには大切ですね。

  

美人の秘密の最新記事をメールで受信できます

メールアドレスを登録すると、美人の秘密の最新記事が更新された時に通知を受け取ることができます。 登録は無料で、解除もいつでも自由ですので、お気軽にご利用ください。 以下のリンクからメールアドレスを送信するだけでOKです! *なお、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

乾燥肌カテゴリの最新記事