夏のニキビは乾燥が原因?夏乾燥によるニキビを防ぐ方法とは?

夏の肌、乾燥 乾燥肌

夏は汗や皮脂をたくさん季節でもあり、肌トラブルに悩む方も多いのではないでしょうか?

特に皮脂が毛穴に詰まってできてしまうニキビは、多くの女性が抱える肌トラブル。でも、その原因は実は乾燥によるものだということをご存知ですか?

今回は、夏乾燥とニキビの関係やその予防法について調べてみました。

スポンサーリンク

夏のニキビは乾燥が原因?

夏の肌、乾燥

夏は皮脂や汗をかきやすく、外を歩いていてもじめじめとした日々が続くため、乾燥とは無縁に感じるかもしれません。しかし、実は肌の奥では水分不足の状態が続き、肌のバリア機能はどんどん低下している状態です。

エアコンの風は室内を乾燥させ、肌から水分を蒸発させてしまう原因になります。また、紫外線は肌に大きなダメージを与え、バリア機能を低下させるので、活性酸素を発生させることにもつながります。

冷たいものばかり食べたり、急激な温度差で体を冷やすことで血行を悪くする女性もいます。これが、代謝を低下させる原因になり肌に栄養が行き届かなくなるため、乾燥を悪化させてしまうのです。

そして肌が乾燥すると、潤いを補おうとして、自ら皮脂を分泌するようになります。これが、皮脂の過剰分泌の原因につながってしまいます。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が開き、毛穴に汚れも詰まりやすくなってしまいます。

またさらに、肌が乾燥することでバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなってしまいます。そのため、ニキビもできやすくなるのです。

ですから、ニキビ対策には、べたつきを気にするのではなく、きちんと肌の奥から潤いを与えて、バリア機能を高めつつ肌の調子を整えていくことが必要です。

夏乾燥を防いでニキビのできにくい肌に!

パック、クリーム

1.スキンケアできちんと保湿を行う

スキンケアは、保湿重視のものを選び、肌の奥まで潤いを届けていきましょう。保湿効果の高いセラミド、コラーゲンなどが低分子化配合されているものが効果的です。

また化粧水を使用した後は、すぐに乳液やクリームを使って肌の潤いを閉じ込めてください。

2.洗顔はやさしく皮脂をとり過ぎない

洗顔を行うときも、やさしく行い、皮脂をとり過ぎないことが大切です。

顔のべとつきが気になって1日に何回も洗顔を行っている方もいますが、それではさらにニキビが悪化してしまいます。

洗顔は1日1回から2回にとどめ、たっぷりの泡で優しく洗い上げてください。

できれば、程よい洗浄力を持つ石鹸素地の表示がある、固形石鹸を使用することがおすすめです。

3.UVケアを徹底する

紫外線ダメージは肌に強い刺激を与えます。

せっかく日焼け止めを塗っても汗で流れてしまうこともあるので、こまめに塗りなおしたり、日傘をつけたり徹底的な対策を行いましょう。

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

乾燥肌
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密

コメント

トップへ戻る