夏乾燥は紫外線によるダメージが原因!UVケアを徹底して夏の乾燥肌を防ぐ方法

夏乾燥、UVケア 乾燥肌

夏は汗や皮脂がべとつき、メイク崩れやニキビなどが気になる季節ですが、実は肌の奥は潤いが不足し、乾燥しやすい季節でもあります。

そんな「夏乾燥」の大きな原因の一つに、紫外線ダメージがあります。

夏の紫外線による肌ダメージはシミやくすみ、シワの原因などにもなりますが、乾燥にも大きな影響を与えているのです。

今回は夏乾燥と紫外線の関係、対策法などについて調べてみました。

スポンサーリンク

紫外線ダメージが夏乾燥を引き起こす?

女性、美容、マッサージ

夏の紫外線はとても強く、肌の深いところにまでダメージを与えます。

紫外線ダメージは肌のバリア機能を低下させ、肌がダメージを受けやすくなり、肌は潤いをどんどん失ってしまいます。

また肌の潤い成分であるコラーゲンやエラスチンも減少してしまい、ハリや弾力も失いシワやたるみの原因にもつながってしまいます。

紫外線ダメージを防ぐためにはUVケアの徹底を!

夏、紫外線

紫外線ダメージを防ぎ肌の乾燥を防ぐためには、UVケアを徹底していきましょう。

ちょっとした外出でも、必ず日焼け止めは塗るようにします。

日焼け止めを選ぶ際は、SPF20~30くらいのものがおすすめです。SPF 50など強いものはレジャーなどには向いていますが、日焼け止めの効果が強い分、肌に刺激も強いので、日常遣いには向いていません。

ただし日焼け止めを塗っても汗で流れてしまったり、メイク直しでとれてしまうこともあるので、小まめに塗りなおしていくことが大切です。

他にも帽子や日傘などを併用して、UVケアを行っていきましょう。

メイク直しの際は、パウダータイプの日焼け止めを使えば、簡単に塗りなおしができるのでおすすめです。さらに、BBクリームやCCクリームなどメイクと一体型になったものを使うことも、密着度が高く効果的です。

スキンケアでも保湿を徹底する

夏乾燥、UVケア

紫外線によるダメージを受けた肌には、スキンケアで不足した潤いをきちんと補っていきましょう。

保湿成分のセラミドやコラーゲンなどが低分子化されたものを選ぶことで、肌の奥まで潤いを浸透させていくことができますよ。

特に、ヒト型セラミドは人の肌になじみやすく、潤いを実感しやすいのでおすすめです。

またビタミンC誘導体が配合されたものは、メラニンの生成を防ぐ効果もあり、コラーゲン生成を促すこともできるので、紫外線ダメージケアに効果的です。

お風呂上りなど、より吸収力が高まるタイミングでていねいにスキンケアを行い、紫外線ダメージをケアしていきましょう。

海外発!美容情報をお届けします

カナダから発信中!美容やダイエットの最新記事をメールでお届けします。登録は無料、解除もいつでもできますので、お気軽にご登録ください。

*登録後、確認メールが届かない場合は、迷惑フォルダをチェックしてみてくださいね。

乾燥肌
スポンサーリンク
Hanaをフォローする
美人の秘密

コメント

トップへ戻る