紫外線が最大の原因!今からできるくすみ対策5つ

何となく肌がどんよりして、体調が悪いわけでもないのに、顔色が良くない、それはお肌の「くすみ」かもしれません。肌のくすみは主に紫外線の影響で起こりますが、老化現象の第一歩でもあります。放っておくとシミやシワの原因にもなりますので、早めに対策したいですよね。

スポンサーリンク

くすみの原因は紫外線

8031465512_3214ffd36c_b (1)
photo credit: Feet via photopin (license)

くすみができる最大の原因は紫外線です。紫外線を浴びると私たちの肌は、防御作用としてメラニンという色素を造りだします。

肌のターンオーバーが正常に行われている肌では、メラニン色素は古い角質と一緒に体外へ排出されていきます。しかし、肌のターンオーバーが乱れていると、メラニン色素はうまく除外されずに、肌の中に滞ってしまいます。そのため、肌が黒っぽくくすんだ状態になるのです。

メラニンは、ホルモンバランスの乱れやストレスになどによっても生成されます。ですから、普段の生活習慣でストレスをためないようにすることも、くすみを予防する方法になります。

今すぐできるくすみ対策

1.紫外線対策

3734365418_439ba0814d
photo credit: via photopin (license)

まず、くすみの最大の原因である紫外線を浴びないようにします。外出する時はこまめに日焼け止めをぬり、帽子や日傘などで紫外線をできるだけカットします。紫外線A派は、窓ガラス越しでも室内に入ってきます。窓にはカーテンやすだれをかけるなどして、直射日光を遮る工夫をしましょう。

2.血行をよくする

14229059403_f84a5acd6f_b
photo credit: DSC_1421 via photopin (license)

ストレスや便秘などで血行が悪くなっていると、お肌のターンオーバーが乱れてしまいます。肌の代謝機能が低下すると、古い角質や蓄積されて、くすみになります。血行を良くして、肌の代謝機能を向上させましょう。入浴や軽い運動などで体温を上げることで、血液の流れがよくなります。また、乳酸菌やオリゴ糖を積極的にとり、腸内環境を整えることも良い方法です。

3.保湿ケアをおこたらない

786584004_be4c5d74e0_b
photo credit: beauty ~ only skin deep? via photopin (license)

乾燥はお肌のバリア機能を下げてしまいます。特に夏場や汗をかいた時などは、べたべたして、保湿ケアを怠りがちになりますが、お肌の油分と水分は違います。皮脂や汗でべたついているように感じても、肌の中は水分が不足した状態のこともあります。毎日の保湿ケアはきちんと行うようにしましょう。

4.食生活

8755928041_13f88644bd_o
photo credit: May 19, 2013 at 10:17PM via photopin (license)

くすみ対策に効果的な食品があります。皮膚の代謝をアップする効果のある、ビタミンAや抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどです。

ビタミンAは、ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。ビタミンCは、レモンをはじめとする果物に豊富です。ビタミンEは、かぼちゃなどに多く含まれます。これらの食品をバランスよく組合せ、食生活から美白を意識したものにしましょう。

5.よく眠る

2379833622_6640211664_b
photo credit: IMG_2720.JPG via photopin (license)

くすみ対策には、肌のターンオーバーを正常に保つことが大切です。新しい肌細胞は、夜眠っている間に作られますから、良質の睡眠をとることはとても重要です。できれば、夜10時から午前2時までのお肌のゴールデンタイムと言われる時間に、熟睡することを心がけましょう。

ライフスタイルでよる10時までに就寝できない人でも、できるだけ早く就寝するようにします。また、熟睡できるように寝室の環境をととのえることも大切です。

シミのできるメカニズムにアプローチ
ホワイティシモで納得のいく美肌へ。