ニキビは腸内環境で改善できるって本当?

ニキビはもともと思春期の時期にできやすいものです。でも最近では、20歳代を過ぎてからもニキビに悩む女性が増えていますね。
ニキビができやすい人には、腸内環境が悪い人が多いと言います。ニキビと腸、どんな関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




腸内の善玉菌と悪玉菌

5437889230_964246fc3e_b
photo credit: 42/365 Feb 11, 2011 via photopin (license)

私たちの腸には、約500から1000兆個の細菌が住んでいると言われています。
その中には、善玉菌と悪玉菌と呼ばれているものがあります。

善玉菌と悪玉菌は、常に勢力争いをしています。腸内の悪玉菌が増えると、身体にとって有害な物質が生成されます。この有害物質やガスは、腸の壁を通り、血液中に吸収され全身をめぐり、さまざまな器官に悪い影響を与えるのです。

腸内環境が悪玉菌優位になると肌トラブルの原因に

5919862087_390a2d64ba_z
photo credit: Marymoor via photopin (license)

悪玉菌が作り出す毒素は、肌トラブルの原因にもなります。

肌のバリア機能を低下させ、肌のターンオーバーが悪化して、ニキビなどを引き起こすのです。

ですから、ニキビの予防や改善のためには、腸内環境を整えてみると体質改善できることがあります。

乳酸菌で腸内環境を整える

7504537322_7786ced34e_z
photo credit: Naturalgirl via photopin (license)

腸内環境を整えるには、乳酸菌を多く含む食品を摂ることが効果的です。
乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品やキムチ、漬物などに含まれています。

ただし、乳製品などの乳酸菌は、胃酸に弱く、消化の際にほとんどが胃で死んでしまいます。そのため、生きて腸までたどり着くことができません。

ニキビ対策のために乳酸菌を利用する時は、生きて腸まで届く乳酸菌配合と表示があるものを選びましょう。
スッキリ!美人を目指そう♪40種類の善玉菌が生きたまま届く!

乳酸菌はオリゴ糖といっしょに摂ると効果的

6446317091_3e57a6f2f5_b
photo credit: self + fridge via photopin (license)

腸で善玉菌が増えるためには、善玉菌のエサになるオリゴ糖が必要です。乳酸菌といっしょにオリゴ糖を摂取すると、効率的に善玉菌を増やすことができます。

また、乳酸菌はずっと腸にとどまっていることはできません。数日から2週間で体外に排出されてしまいます。そのため、体質改善には、毎日継続して乳酸菌を摂る必要があります。

毎日ヨーグルトを食べるのはたいへんという人は、乳酸菌配合のサプリメントを利用すると手軽で続けやすいですね。

ツルすべ肌もスマート体型も同時に手に入れるチャンス♪
★今だけ! 30日分が0円で★