紫外線だけが原因じゃない!そのシミはもしかして肝斑かも?

女性の肌トラブルとして多いのが、シミに関する悩みです。シミというと紫外線のダメージでできるものという印象があると思いますが、シミができる原因は紫外線だけではありません。

特に、紫外線を浴びなくてもできてしまうシミの中には「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるものがあります。この肝斑は通常のシミよりも、薄くしたり取り除くのが難しいと言われていますので、気が付いたときにできるだけ早く対策を行いたいものです。

スポンサーサイト

肝斑の原因

紫外線だけが原因じゃない!そのシミはもしかして肝斑かも?

シミができる原因には、紫外線以外にもさまざまなことが考えられます。

特に肝斑は、紫外線を浴びてなくてもできてしまうこと、妊娠中の女性にできやすいことなどから、ホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。また、ストレスによってもできやすいのが肝斑です。

肝斑の特徴は、比較的左右対称にできやすく、特に目の下から目じり付近に出やすいということです。また、比較的肌の色が浅黒い女性にできやすいともされています。

肝斑の場合、通常の化粧品では改善できにくいので、医療機関で治療することも検討すべきかもしれません。ただ、それが肝斑なのか通常のシミやソバカスなのかは、医師によっても判断が難しいとされています。

妊娠中の女性、経口避妊薬を飲む女性は注意

紫外線だけが原因じゃない!そのシミはもしかして肝斑かも?

肝斑ができる原因の一つにホルモンバランスの乱れが関連していると考えられているのは、妊娠中の女性に肝斑ができやすいためです。

妊娠中は、女性ホルモンの中でもプロゲステロンの分泌が活発になりますが、このホルモンは皮脂量を増やしたりメラニンの生成を促したりという作用も持っています。そのため、妊娠中は紫外線に当たらなくてもシミができやすいんです。

一方、経口避妊薬を飲む人も肝斑ができやすくなります。経口避妊薬は、2つの女性ホルモンのバランスをコントロールして、排卵をなくすためのものですが、ピルに含まれるプロゲステロンの作用により、シミができやすくなると考えられています。

肝斑の治療方法

紫外線だけが原因じゃない!そのシミはもしかして肝斑かも?

肝斑は、皮膚科や美容外科で治療を受けることが可能です。ただ、先ほども述べましたが、通常のシミやソバカスか肝斑かは、医師でも見分けるのが難しいところがあります。まずは、自分でシミ対策を行ってみて、それでも全く効果が得られないようなら、早めに医師の判断を仰ぐようにしましょう。

肝斑を皮膚科などで治療する場合は、治療薬としてトラネキサム酸やビタミンCの内服薬、ハイドロキノンやレチノインなどの美白外用薬が処方されることが多いです。

トラネキサム酸は、肝斑の原因となる「プラスミン」の作用を抑制するとされているもので、アレルギーや抗炎症剤としても用いられる成分です。肝斑の場合、約2か月間飲み続けると効果が現れる人が多いようです。

また、医療機関では、薬による治療以外にレーザーを用いた外科的治療も受けることが可能です。

肝斑対策に効果的な化粧品ってある?

紫外線だけが原因じゃない!そのシミはもしかして肝斑かも?

肝斑対策の化粧品としては、ハイドロキノン配合のものがおすすめです。シミ用化粧品はたくさんありますが、効果のあるものでもそれを実感できるまでには時間がかかります。ですから、最初の化粧品選びの際に慎重に選びたいものです。

最近は、美白化粧品として医薬部外品に認定されているものもありますので、そのようなアイテムを選ぶのもよい方法です。

ハイドロキノンが配合されている美白化粧品としておすすめなものに、アンプルールb.glen(ビーグレン)などが有名です。

どちらも手ごろなトライアルセットを扱っていますので、肌に合うか試してから使用すると良いでしょう。

アンプルール トライアルセットはこちら

[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す