紫外線対策用日焼け止め、塗ればぬるほど肌が乾燥するのはなぜ?

日焼け止めは、紫外線対策として最も一般的に使われています。でも、日焼け止めを塗った時はいつもよりも肌の乾燥が激しいと感じたことはありませんか。実は、紫外線対策用の日焼け止めには肌を乾燥させる成分が入っているのです。

スポンサーサイト

日焼け止めは何で出来ている?

紫外線

日焼け止めは、紫外線からお肌を守ってくれるものです。でも、どのようにして紫外線をカットしているのでしょう。

一般的な日焼け止めには、2種類の紫外線防止剤が含まれています。それは、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」と呼ばれるものです。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収して外に逃がすことで、肌へ到達するのを防いでくれます。一方、「紫外線散乱剤」は、細かい金属によって、紫外線を反射させ、肌にダメージを与えないようにしてくれます。

2つとも、紫外線対策にはとても効果的なものですが、お肌にとっては良くない成分なのです。「紫外線吸収剤」は主に石油由来の合成成分でできています。また、「紫外線散乱剤」は、チタンや亜鉛などの金属でできています。これらをお肌に直接塗っているのですから、肌のいいはずがありません。

日焼け止めが肌を乾燥させる

紫外線

日焼け止めは紫外線対策としてとても有効ですが、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」は、肌にとっては大きな負担になります。

ですから、日焼け止めを塗った時には、肌が乾燥したりカサカサになったと感じたりします。

「紫外線吸収剤」の方が「紫外線散乱剤」よりも肌にダメージを与えやすいと言われ、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めも開発されています。しかし、紫外線散乱剤もお肌にとって良いとは言えません。最近の研究では紫外線散乱剤が紫外線によって変質して、活性酸素を作るとも言われています。

日焼け止めを落とす際のクレンジング剤も肌を乾燥させる

洗顔

また、日焼け止めは一般的にウォータープルーフになっています。汗や水では簡単に落ちないようになっていますよね。

日焼け止めの中でも使用感の良いものは合成ポリマーやシリコンなどが含まれていることもあります。

このため、日焼け止めを落とすとき、普通のクレンジング剤ではきれいに落とせません。ですから、洗浄力が強力なタイプのクレンジングを使うことが多くなります。このクレンジング剤がお肌を傷つけることにもなります。

洗浄力が強いクレンジング剤は、肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。そのため、乾燥肌が悪化してしまうのです。

日焼け止めは使い分ける

レジャー

でも、紫外線体草として日焼け止めを塗らないわけにはいきませんよね。日焼け止めはお肌にやさしいタイプのものを選ぶのが基本です。そして、ちょっとしたお出かけや、海水浴などのレジャーの時など、紫外線を浴びる時間の長さによって、日焼け止めを使い分けるようにしましょう。

普段の日焼け止めとしては、SPA値15~30程度、PA値++程度のものが良いです。海水浴やレジャーなどの時にはSPA値30~50、PA値+++~++++程度のものを使用します。レジャーの時には特にウォータープルーフのものを使用するようにします。

日焼け止めに含まれる成分も自分で確認してから選びたいですね。日焼け止めの中には、保湿成分や美白成分が配合されているものもあります。

さらに、紫外線対策として、帽子や日傘も合わせて使うと効果的です。

保湿も美白もできる、おすすめ日焼け止め

シミのできるメカニズムにアプローチ
ホワイティシモで納得のいく美肌へ。