タルミにはマッサージが効く!たるみ対策マッサージで見た目年齢-5歳!

見た目がなんとなく若く見える人とそうでない人がいます。それは、もしかしたら「タルミ」かもしれません。たるみがあるだけで、見た目年齢がぐっと上がります。加齢による肌の悩みのひとつがタルミですよね。たるみは一度できると解消するのは難しいので、出来る前から対策が肝心です。たるみ対策として効果のあるマッサージを紹介します。

スポンサーサイト

たるみができるのはどうして?

タルミ
photo credit: via photopin (license)
まず、たるみを引き起こすものをまとめておきましょう。原因を知っていると、予防するのもやりやすくなります。

1.紫外線によるダメージ

皮膚の構造は層状になっています。最も外側にある表皮の下には、真皮と呼ばれる層があります。真皮はコラーゲンとエラスチンで構成されていて、これらがゆるむとたるみの原因になります。紫外線は、コラーゲンとエラスチンを破壊します。そのため、紫外線を浴びると、シワができやすくなり、たるみが起こります。

2.乾燥からくるたるみ

肌の表面からはいつも水分が失われています。肌が乾燥する原因はいろいろありますが、温度変化や紫外線、加齢などで肌が乾燥すると皮膚のターンオーバーがスムーズに行われなくなります。そうすると皮膚の古い角質が残り、肌の代謝が悪くなります。こうして肌の乾燥が、皮膚のバリア機能を弱め、紫外線などで傷つきやすい肌になるのです。

3.ストレスによるたるみ

ストレスもたるみの原因になります。私たちはストレスを感じると、血行が悪くなったり、免疫機能が落ちたりします。健康的は肌には血液の循環が大切です。血流が悪くなった肌は、代謝機能が低下したるみを引き起こします。

4.睡眠不足によるたるみ

新しい皮膚を生成するのは、成長ホルモンの働きです。成長ホルモンは私たちが夜眠っている間に元気になります。ですから、質の良い睡眠が取れていないと、成長ホルモンがうまく分泌されず、肌の新陳代謝が衰え、たるみにつながります。

5.栄養不足から起こるたるみ

皮膚を形成するのはコラーゲンやたんぱく質です。また、肌の新陳代謝にはミネラルやビタミンが必要です。これらの栄養素が不足すると、皮膚のターンオーバーが乱れ、たるみの原因となります。

6.タバコなどの生活習慣

タバコを吸うと、ニコチンが血管を収縮させ、血流が悪くなります。このため、酸素や栄養素が皮膚のすみずみにまで運搬されにくくなります。これが、シワやたるみなどの原因になります。

今すぐできるたるみ対策マッサージ

スキンケア
photo credit: Julia via photopin (license)

たるみ対策には、リンパマッサージが効果的です。リンパや血液の流れを良くすることで、ハリのある肌を保つことができます。毎日の洗顔や入浴の際に行ってみてくださいね。リンパマッサージのポイントを紹介しておきます。

1.顔の下から上へ、中から外へ

顔全体をやさしくマッサージしましょう。中指と薬指でくるくる小さな円を描きながらやさしくマッサージします。気を付けたいのはマッサージの方向です。下から上へ、内から外へが基本です。

2.首筋にそってマッサージ

耳の付け根の後ろ側から鎖骨のあたりまで、首の両側を指でなでるようにマッサージします。上から下へマッサージしてください。自分で気持ち良いと感じるくらいの強さが適当です。

3.フェイスラインマッサージ

あごの下側に両手の親指をあてます。フェイスラインに沿って、やさしく耳の付け根へ向かってなで上げます。あごや首の下に溜まっている老廃物を後ろへ押し出すような感じです。

毎日のスキンケアを合わせて

美肌
photo credit: Mayka Bretas via photopin (license)

リンパマッサージは、自分でやっても気持ちよく感じるはずです。毎日のスキンケアのついでに、数分リンパマッサージを行ってみてください。入浴後など、リラックスした状態で行うのも効果的ですよ。