しわ・タルミ対策化粧品はこう選ぶ!エイジングケアに必要な5つの成分

加齢に伴う肌トラブルで代表的なものがしわやたるみです。しわやタルミなどのエイジングケアコスメは、多くの化粧品メーカーから出ています。でも、その中から、自分の肌に本当に合ったものを探すのって難しいですよね。

エイジングケア化粧品は、毎日長期的に使用するものですから、じっくり比較検討しましょう。口コミを参考にするのも良い方法ですが、やはり自分の肌で実際に使用感を試してみてから使うようにします。とくにどんな成分が配合されているのかは、チェックしたいポイントです。

しわ・タルミ対策に効くと言われている有効成分について書いてみました。

スポンサーサイト

1.ビタミンC誘導体

4007184862_4a88f7623c_b
photo credit: L’Occitane Window Display via photopin (license)

ビタミンCには昔から美白効果があると知られていますよね。最近ではさらに、抗酸化作用や保湿作用があることが分かってきました。抗酸化作用というのは、肌の老化を防止してくれるので、エイジングケア化粧品には、できるだけビタミンCが配合されているものを選びたいです。

でも、ビタミンCは、もともと不安定で化粧品にそのまま配合するのは困難だとされてきました。そのため、化粧品成分としてビタミンCを肌に吸収しやすい形に変化させたのが、ビタミンC誘導体と呼ばれる成分です。

2.レチノール

ビタミンAの一種です。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分は、肌の弾力やみずみずしさを保つためには不可欠です。レチノールは、肌がこれらの成分を作りだすときに必要とするビタミンです。

3.ナイアシン(ビタミンB3)

440297058_5a6ddfafa5_o
photo credit: My very first beauty shopping spree via photopin (license)

肌のターンオーバーを促し、肌にハリを出すのに役立ってくれます。刺激が少なく肌質がデリケートな人にもオススメです。肌の薄い目元用美容液などにもよく配合されています。

4.セラミドなど保湿成分

保湿効果が高いとして、最近注目を浴びているのがセラミドです。セラミドは、角質層の細胞と細胞の間にある細胞間脂質を構成するものです。セラミドが不足すると、肌の保湿機能が低下してしまいます。

5.抗酸化成分

1476911887_b489ad5ae5_z
photo credit: Jane Iredale, CEO of Jane Iredale The Skincare Makeup via photopin (license)

人の老化の原因は活性酸素です。イメージ的には鉄が錆びるのと同じような感じです。その最大の要因が活性酸素で、化粧品に含まれる抗酸化成分は、この活性酸素を排除するのに役立ちます。

しみやたるみ対策は、早くから始めたほうが効果的だといいます。エイジングケア化粧品は長く付き合っていくものですから、慎重に自分にあったものを選びたいですね。各メーカーから出ているトライアルセットなどを利用して、自分に合ったものを探してみましょう。

敏感肌ケア×エイジングケア<<アヤナストライアルセット>>のお試しはコチラ

持田製薬グループが作った敏感肌・乾燥肌向け化粧水