美人と仕事

美人であることは仕事の上で有利か?

7403732108_ef8aba1d1e_z
photo credit: j0438650 via photopin (license)

これは、微妙な問題です。
例えば、セールスの仕事をしている女性の場合。

やはり、買い物をするとしたら、きれいな人から買ってあげたいと思うのが人間の心理かもしれません。しかし、実際、業績の良いセールスウーマンは、必ずしも美人ではありません。むしろ、不美人のほうが成績が良いというほうが、よくあるパターンではないでしょうか。

美人というのは、成功すると、色仕掛けで特別なものやコネを手に入れたのではないか、と思われたりもします。これはとても残念なことです。

しかし、一方で、美人であることを利用して、社会のトップを目指すたくましい美女もいますね。

8453500050_3d38af64e9_z
photo credit: shorts-allo_martinez-9 via photopin (license)

そもそも美人であることが、その仕事を行う上での条件である職種もあります。
たとえばモデル業。

でも、美人であれば、それだけで成功する職業というものは存在しません。

そもそも女性が仕事で成功しようと思うと、何かと障害となることも多いです。
家庭や育児、恋愛などがそれに当たります。

最近は、女性でも立派に起業して独立しているカッコいい美人がたくさんいます。
女性が社会的に成功するにあたっては、その職種を選ぶことが大変重要だと思われます。

美人と仕事

特に日本におけるビジネスの世界では、まだまだ男性有利の職種が多く、男性世界の色が濃いのも事実です。そのような分野で女性が成功しようとするのは、かなり厳しいという現状があります。

それこそ、そこで成功しようものなら、何か特別な手段を使ったのではないかと思われるフシも否定できません。

結論としては、美人であることは仕事において、必ずしも有利に働くものではないと言えるでしょう。
しかし、私が感じる限りでは、仕事に成功して、独立した人生を生き生きと送っている女性は、みんなとても魅力的で、美人のオーラがあふれ出ているように見えます。

4320321918_c94b1f22ec_z
photo credit: Jessi via photopin (license)

美人が美人であり続けるのは、それなりに努力が必要です。
毎日のスキンケアや体型のコントロールも必要です。

それに加えて、仕事での充実感が、彼女たちに、内側から輝きだす美人ホルモンのようなものを与えているのだと思います。
仕事や生活で充実感を得ていること、これが美人の秘密です。