ウイルスに負けない!免疫力アップに効果的な食べ物と生活習慣とは

免疫力アップに効果的な食べ物と生活習慣とは健康的な食事

インフルエンザに新型コロナウイルス、私たちの周りには病原菌がいっぱいです。

そんなウイルスに負けないためにも体の免疫力を上げておきたいですよね。

でも、そもそも免疫力ってなんだろう?

と思っている人もいるかもしれません。

そこで、免疫力とはなんなのか、免疫力アップのために効果的な食べ物について調べてみました。免疫力アップにいい生活習慣もあわせて紹介します。

スポンサーリンク

そもそも免疫力って?

免疫力とは、簡単にいうと、ウイルスや細菌など私たちの身体にとって良くない影響を及ぼすものが体内に侵入したとき、いち早くそれを見つけて撃退する機能のことです。

免疫機能とは、私たちの身体にもともと備わっている機能なんですね。

免疫力が強い人は、たとえウイルスが体の中に侵入しても、それを退治する力に優れているため、病気になるリスクを小さくすることができます。

じゃあ、免疫力を強くすれば、病気にならないのね!

そういうことです♪

反対に、免疫力が弱い人は、風邪などの病気にかかりやすくなったりします。花粉症などのアレルギー症状も、免疫異常が関連しています。

免疫力を上げるためにできることとは?

免疫力アップにおすすめな食べ物

免疫力は私たちの身体にもともと備わっているものだといいました。でも、免疫力はいつも同じではなく、身体の調子や年齢などによって、よくなったり悪くなったりします。

ですから、できればいつも免疫力を高い状態に維持しておきたいですよね。そうすれば、ちょっとしたウイルスや病原菌がやってきても、病気にかかりにくくなるのですから。

でも、免疫力を上げるって…、どうやって??

免疫力を上げるのは、それほど難しくありません。食事と生活習慣に気を付けるだけでも、免疫力を上げることができるんです。

食事という観点からは、腸内環境を整える食べ物を積極的に摂ることがおすすめです。

腸と免疫力と、どんな関係が…?

実は、免疫機能を支える免疫細胞は、その大部分が腸に生息しているんです。

腸は、食べ物だけでなく、それと一緒に病原菌やウイルスなどが常に入り込んでくる危険性のある場所。体内で最も密接に“外界”と接する臓器と言えます。だからこそ腸には、病原菌やウイルスなどの外敵を撃退してくれる頼もしい戦士「免疫細胞」が大集結しています。その数、なんと体中の免疫細胞のおよそ7割!それほど大量の免疫細胞が、栄養や水分を吸収する腸の壁のすぐ内側に密集して、外敵の侵入に備えているのです。

引用元:https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_6.html

ですから、腸内環境を整えてくれる食べ物を摂れば、腸の中に住んでいる免疫細胞が元気になり、身体の免疫機能が向上するというわけなんですね。

腸内環境を整える食べ物

腸を元気にする食べ物は、実はとっても身近なところにあります。ここでは、手に入れやすい食品で、腸内環境にいいといわれるものを紹介しておきます。

免疫力アップにおすすめな食べ物1.発酵食品

免疫力アップ食べ物チーズ

発酵食品の健康効果が注目されるようになってしばらくになりますね。発酵食品には、乳酸菌などの善玉菌がたくさん含まれています。

このため、腸を元気にしてくれて、結果的に免疫力アップにつながるというわけです。

発酵食品には、たとえば以下のような食べ物があります。

味噌、醤油、ヨーグルト、チーズ、甘酒、漬物、納豆

免疫力アップにおすすめな食べ物2.食物繊維

免疫力アップ食べ物食物繊維

食物繊維も腸にいいといわれる成分です。食物繊維は、お通じをよくしてくれることでもよく知られていますね。

食物繊維はさまざまな食べ物に含まれていますが、特定の食品に偏って摂取するのではなく、いろいろな食品から摂るのがおすすめです。

食物繊維を含む食べ物には、次のようなものがあります。

野菜、果物、芋類、海藻類、豆類、穀類、きのこ類

免疫力アップにおすすめな食べ物3.オリゴ糖

オリゴ糖というと、ちょっとなじみが薄いかもしれませんね。でも、オリゴ糖も腸の中の善玉菌が大好きな成分なんです。

オリゴ糖を含む食品には次のようなものがあります。

りんご、バナナ、はちみつ、アスパラガス、玉ねぎなど

腸に良くない食べ物ってあるの?

腸内環境を整えて免疫力を高めるためにおすすめな食べ物を紹介しました。

じゃあ、腸に良くない食べ物もあるのかしら?

実は、あるんです。

腸に良くないといわれているのが、牛肉や羊肉などの赤身肉です。

牛肉は腸内環境に良くない食品

えー・・・!

焼き肉が好きな人には、ちょっと悲しいお知らせですね。

牛肉などの赤身肉をたくさん食べる人は、大腸がんになるリスクが高いという報告があります。大腸がんは、腸の中にいる悪玉菌が関係しているので、赤身肉は腸内環境を乱す食べ物である可能性が高いのです。

ただし、これについてはまだ研究段階にあり、最近は、赤身肉や加工肉と大腸がんリスクとの間に関連性はないという意見もあります。

その一方で、赤身肉の他にもベーコンやハムなどの加工肉もよくないという見方も多く、ベーコン1枚でも健康にはよくないという主張もあります。

その他に、喫煙はもちろん不健康ですが、アルコールの過剰摂取も腸を荒らす原因になります。

結論としては、極端に偏った食事は避け、バランスのとれた食生活が大切ということになりますね。

免疫力アップにいい生活習慣とは

良質な睡眠で免疫力アップ

最後に、免疫力アップのために実践したい生活習慣についてもお話ししておきましょう。

腸を元気にして、免疫力を高く維持するために気を付けたい生活習慣には次のようなことがあります。

  • 規則正しい生活をおくる
  • 決まった時間に食事を摂る
  • 定期的な運動をする
  • 良質な睡眠をとる
  • ストレスをためすぎない

どれも基本的なことですね。でも、意外と難しかったりもします。

まずはできることから始めて、ウイルスに負けない身体作りを行いましょう!

 

 

コメント

トップへ戻る