腸活としてのオリゴ糖摂取に合わせて摂りたい栄養素と食べ物

腸活としてぜひとも活用したいオリゴ糖。そんなオリゴ糖の働きを助けてくれる食品があります。

腸活としてオリゴ糖を摂取するとき、合わせて摂ることで、効果を高めてくれる食べ物を紹介します。


腸活でオリゴ糖はどんな働きをするの?

ハチミツ

腸活でオリゴ糖を摂取すると、いったいどんな効果があるのでしょうか?

腸内は、善玉菌と悪玉菌の数の多さによりバランスが日々変化していきます。

そして、腸内環境が乱れると悪玉菌の数が多くなり、悪玉菌優位の状態になり、便秘や下痢などのトラブルが起こってしまうのです。

そこでオリゴ糖を摂取すると、オリゴ糖は善玉菌の餌となります。さらに腸内を弱酸性にすることで効率よく善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことができます。

結果腸内環境は整い、毎朝のすっきりを実感できるのです!

では、そんなオリゴ糖の効果をさらに高めるために一緒に食べるべき食材は、どんなものがあるのでしょうか?


一番オススメ!相性抜群『ヨーグルト』

ヨーグルト

オリゴ糖にとって相乗効果で効果を高めてくれる食材は、なんといってもヨーグルトです。

ヨーグルトには、善玉菌の代表であるビフィズス菌と乳酸菌がどちらも含まれています。

そのためヨーグルトとオリゴ糖を一緒に食べると、腸内にビフィズス菌が届いた時、すぐに餌であるオリゴ糖を食べることができその数を増やすことができるのです!

またヨーグルトとオリゴ糖は食べる上でも相性が良く、毎朝の習慣としてヨーグルトにオリゴ糖をかけておいしく食べることができますし、砂糖に比べてカロリーもカットできますよ。

今から腸活を始める方は、まずはヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べることから始めてみてはいかがでしょうか?


他にもいろいろオススメ食品

納豆

乳酸菌やビフィズス菌のほかにも善玉菌の種類はあり、その分あわせて食べたい食品もたくさん存在します。

納豆菌を含む納豆、酵母菌を含む味噌、しょう油、麹菌を含む甘酒、塩麹などです。

オリゴ糖の中には、味にあまり変化が出ないものもあるので、普段の食事の中でオリゴ糖を加えて気軽に腸活を行ってくださいね!