スポンサーリンク

肩こりが女性に多いのはどうして?原因と肩こり対処法

女性のカラダの悩みで多いのが肩こりです。どうして女性には男性に比べて肩こりに悩む人が多いのでしょうか。女性が肩こりになりやすい原因を考えながら、その対策をまとめてみました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




女性に肩こりが多い原因

1.男性に比べて筋肉の量が少ない

女性、肩こり、筋肉

女性は一般的に男性に比べて筋肉量が少ないですよね。筋肉の量が少ないと筋肉量が多い人に比べて、日常生活でも負担が大きく、筋肉が凝り固まって肩こりになってしまいます。


2.男性に比べ血の流れが悪い

女性、肩こり、血行

女性は男性に比べ血流が悪く、そのため同じく冷え性を抱える方も多くいます。

そして冷えは疲労物質をためやすくして肩こりの原因にもなるのです。


3.胸の重みが影響

飲むだけでできるUV対策!飲む日焼け止めサプリの3つのメリット

バストが重いとその分方に負担がかかります。サイズの合わない下着を使用するとさらに負担が大きくなることも・・・


4.ホルモンバランスの乱れ

電話占いヴェルニ

女性の体はストレスやホルモンバランスに大きく左右されてしまいます。その結果肩こりにも影響が出てしまいます。


5.ネックレスや洋服による負担

育乳ブラ,おすすめ,ランキング,比較

どうしてもおしゃれを優先させて思いネックレスをつけたり、体が冷える服装をしていると肩こりは悪化してしまいます。肩こりに悩んでいる人は、おしゃれにも注意する方がいいみたいですね。


肩こりの対策とは?

女性、肩こり、運動

まずは、少しでも肩を支える筋肉量を増やすための筋トレ、血流を促進し、筋肉をほぐすための適度な運動を行ってみましょう。運動は激しいものでなくヨガやウォーキング、ストレッチなどで十分です。

運動を行うことでストレス軽減にもつながり、乱れがちなホルモンバランスも整っていきます。

また、毎日忙しいとシャワーで入浴を済ませがちですが、きちんと湯船につかって体を温めることも肩こりには効果的です。

姿勢が悪い人はカラダのめぐりが悪くなり肩こりになりやすくなります。日ごろから姿勢を意識して行動することも、肩こり対策には大切ですね。

マッサージ店に行かずとも、自分で肩を揉んだり叩いたりするだけでも、血行が良くなりますので、肩こりの症状緩和に役立つでしょう。

どれも思いついたらすぐにできる対策ばかりです。肩こりに悩んでいる方は一度試してみてくださいね!



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連記事